iPhone / iPad

iPhoneのイヤホン変換ケーブルをなくした!どうすればいい?

投稿日:

イヤホンジャックが廃止されたiPhone 7以降で、普通のイヤホンを使うには「イヤホン変換ケーブル」が必須。

しかし、付属のイヤホン変換ケーブルは小さく、油断するとなくしてしまいがちです。

では、iPhoneのイヤホン変換ケーブルをなくしてしまったらどうすれば良いのでしょうか?今回は、その対処法をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

iPhoneのイヤホン変換ケーブルをなくしてしまった場合の対処法

iPhone 7以降のiPhoneに付属している「イヤホン変換ケーブル」をなくしてしまった場合、新たにApple純正のケーブルを購入するのがベターです。

価格は900円(税別)

Appleのオンラインストアだと送料無料で、首都圏であれば1~2日、それ以外でも大体3日以内には商品を受け取る事が可能です。

Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ - Apple

ちなみに、Apple純正のイヤホン変換ケーブルは、Apple Storeだけでなく家電量販店でも売っている場合があります。

ビックカメラやヨドバシカメラなら在庫がある場合が多いので、今すぐイヤホン変換ケーブルが欲しい場合には、近場のお店に問い合わせしてみてください。

この手のApple純正のケーブル類はムダに高いことも多いのですが、イヤホン変換ケーブルに関しては妥当(?)な値段ですね。

逆に、純正以外のケーブルの方が高かったり、最新のiOSに対応していなかったりなど厄介なものが多いので、おとなしく純正を選ぶことをおすすめします。

・iPhoneのイヤホン変換ケーブルはコンビニで売ってないの?

2017年12月現在、残念ながらiPhoneのイヤホン変換ケーブルは、ほとんどのコンビニで売られていないようです。

僕自身も見たことないですし、「売ってた!!」という報告を、ネット上含め見たことがありません。

コンビニは基本的に、スマホ関連の商品は幅広い機種をカバーするものしかおかないので、iPhone 7以降限定のイヤホン変換ケーブルは置かないのかもしれません。

それでも需要は結構あるはずなので、そのうちコンビニでも買えるようになりそうですけどね・・・。

スポンサーリンク

iPhone 7以降に付属しているイヤホンは変換ケーブルなしで使えるよ!!

EarPods with Lightning Connector

iPhoneのイヤホン変換ケーブルをなくしてしまっても、Apple Storeや家電量販店などで、比較的簡単に新しいケーブルを手に入れることができます。

ただ、毎日の通勤時などにイヤホンで音楽を聴いている人にとっては、たとえ1日であってもイヤホンが使えないとツラいですよね。

そんな時に活躍するのが、iPhone 7以降に付属している純正のイヤホンです。

実は、イヤホンジャックが廃止されたiPhone 7以降のiPhoneに付属しているイヤホン「EarPods with Lightning Connector」は、端子がLightningに変更されており、変換ケーブルなしで使うことができます。

純正のイヤホンはあまり好みじゃないから使ってないという人も多いと思いますが、急場しのぎとしては十分すぎるくらい使えます。

変換ケーブルが付属していることもあって、付属のイヤホンがLightning端子Ver.に変更されていることに気づいていなかった人も、意外と多いのではないでしょうか?

ちなみにこの付属のイヤホン、単体で買うと3,200円(税別)もします。

端末の売却などを考えて未使用のまま箱の中に眠らせておくのもアリですが、ピンチの時には使ってあげてくださいw

まとめ:iPhoneのイヤホン変換ケーブルはApple純正で!!

iPhoneのイヤホン変換ケーブルをなくしてしまった場合には、Apple Storeや家電量販店で純正の変換ケーブルを新たに購入しましょう。

Apple純正のイヤホン変換ケーブルは、Appleのオンラインストアでも購入する事ができます。(税別900円&送料無料)

ABのひとこと
Lightning端子のイヤホンが付属してること、実は最近気づいたわ・・・。
スポンサーリンク


-iPhone / iPad

Copyright© BumBullBee.com(バンブルビー) , 2017 All Rights Reserved.