今回は、ノイズキャンセリング機能が付いているBluetoothヘッドホンをあなたにご紹介します。

 

この記事を読んでくれているあなたは、ノイズキャンセリング機能に付いてはある程度の知識があると思いますが、商品によっては感動もクソもない無駄な買い物に終わってしまうヘッドホンもあるのです。

 

また、最初はノイキャンにこだわってたけど他の部分も良いものを購入したいと欲が出てきますw

 

ここでは、本当に買ってよかったと思えるヘッドホンだけを紹介しますのでBluetoothが使えてノイズキャンセリング機能が素晴らしいヘッドホンをお探しの方は、是非最後までチェックしてくださいね^^

スポンサーリンク

ノイズキャンセリング機能をメインに考えるなら選択肢はこの3つ

ノイズキャンセリング機能のクオリティが高いものを探していると思います。

 

僕が購入した時も、そうだったんですがノイキャン機能のクオリティが高いのはもちろんなんですが、デザインも気になってくるんですよねw

ノイズキャンセリング機能を求めている人は、周りの雑音を抑えて静かにできる環境を求めているはずです。

しかし、安いからといって買っちゃうと安物買いの銭失いになる確率がグーンっと上がります。

 

また、ノイズキャンセリング機能のクオリティが高ければ、飛行機・新幹線・カフェ・公園などで自分だけの空間をいつでもどこでも作り出すことができるんです。

 

そこで、おすすめのBluetooth・ノイキャン機能付ヘッドホンが以下の3つです!

  1. BOSE
  2. SONY
  3. Beats

この3つのメーカーであればきっと機能に満足することができ、他の部分でも買ってよかったと思えるので是非参考にしてください!

BOSE

僕がノイズキャンセリング機能を初めて体感したのがBOSEの「QuietComfort 35 wireless headphones II」というヘッドホンです。友達が持ってたので貸してもらってびっくりw

このヘッドホンをつけてノイキャン機能をオンにした瞬間、周りの雑音がどれほど多かったのかということを改めて感じた、マジで感動したヘッドホンです。

耳がおかしくなった!?とビビるほど静寂になります。これは体感してみないとわからないですね!

また、BOSEは音のクオリティも高いことで有名ですし、デザイン性も高いので持っていると所有感を感じられるヘッドホンと言えます。


Bose QuietComfort 35 wireless headphones II

最大20時間連続再生を備えた、BOSEのノイキャン機能が付いた最新のヘッドホンです!

価格が35640円

また、音声アシスト機能にも対応していて、Siriやアレクサなどにも利用可能です。

 

ただ、価格が高いんですよねw

ノイキャン・Bluetooth機能つきで間違いないメーカーのヘッドホンを探そうと思うと全部高いw

 

だから、僕は、ヤフオクで1つ型落ちを購入しました!なので、高いなと感じたらヤフオクやメルカリで検索してみてくださいね!

ちなみに、上のヘッドホンの1つ前の型がコレ!

Bose QuietComfort 25

価格は17250円なのでほぼ半額ですねw

デザイン性も高いですし、持っていると「おっ」となるかっこよさがBOSEにはあるのでおすすめです!

 

スポンサーリンク

SONY

SONYは、音楽好きでバンド活動もしている友達が最もおすすめのヘッドホンといっていました!

特に、ノイズキャンセリング機能はもちろんだけど、音はBOSEよりも良いと行っていましたね!

 

で、SONYのノイキャン機能つきヘッドホンが以下の4つです!

特におすすめなのが


ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM3
SONYのWH-1000XM3は、なんと連続再生時間が30時間。

しかも、価格はBOSEよりも安い「31,164円」。

ただ、高いですよね。なので僕がおすすめするのはこの型の1つ前!WH-1000XM2です!

コレは、僕自身も購入して使っている型でアマゾンや楽天などでは28000円とか2万後半代で販売されていますが、ヤフオクやメルカリなどで探せば2万円以下で購入することも可能です!

ちなみに僕はヤフオクでポイントを使って15000円ほどで購入しました!

ノイキャンもすごくて、飛行機などに乗るときなどには重宝しています。

そのほかにも新幹線やカフェ、静かに本を読みたい、仕事をしたいという人には本当におすすめできるヘッドホンです!

 

Beats

3つ目に紹介するヘッドホンが「 Beats-ビーツ-」です!

あまり聞きなれないメーカーだと感じる人もいると思いますが、2008年に

  • アメリカのラッパーでありプロデューサーのドクター・ドレーとインタースコープ・レコードの会長ジミー・アイアヴィーンが協力して、ビーツ・エレクトロニクスを設立。

2014年に

  • Appleによる買収が完了。

新しい会社ですが、現在はアップルが提供するメーカーになります。

現在では、世界のスポーツ選手なども愛用しており、テレビの試合前の中継で首にかけている姿を見ることもあります。クリスティアーノ・ロナウドが首にかけていたのが印象的です。

どんなビーツですが、何と言っても他のメーカーと比べ様々なカラーを楽しめるというのが1つのポイントです。

黒やしろ、シルバーなど単純なカラーしかないところをビーツのヘッドホンは色の種類が多いので、自分好みの色も見つけることができます。

 

Beatsのノイズキャンセリング機能が付いているヘッドホンがコレ

Beats Studio3 Wirelessオーバーイヤーヘッドフォン

ノイズキャンセリング機能をオンにした状態で最大22時間もの駆動を実現。オフにすれば最大40時間の駆動と発表されています。

価格はアマゾンで33,500円です。

 

スポンサーリンク

3ブランドのBluetooth×ノイズキャンセリングヘッドホンを比較

ブランド BOSE SONY Beats
商品名 Bose QuietComfort 35
wireless headphones II
WH-1000XM3 Beats Studio3 Wireless
価格 35640円 31,164円 33,500円
駆動時間 最大20時間 最大30時間 最大22時間
クイック
チャージ機能
15分充電
2.5時間
10分充電
5時間
10分充電
約3時間
色の種類 ・ローズゴールド
・シルバー
・ブラック
・ブラック
・シルバー
 6種類

駆動時間はノイズキャンセリング機能をオンにした状態での時間のこと。

クイックチャージとは、5分から15分の短時間充電での駆動時間

 

 

この記事では、特に選ぶ基準となる「メーカー」「駆動時間」「デザイン性」「信頼性」などを基準に一番購入してよかったと感じるヘッドホンだけを紹介しました。

この中からBluetooth×ノイズキャンセリングが付いたヘッドホンを選べば後悔することはないでしょう。

 

Bluetoothが使えるおすすめヘッドホン!ノイズキャンセリング機能マジハンパないwまとめ

いかがだったでしょうか?

コレ以外にも、今回紹介したヘッドホン3つには様々な便利な機能が付いています。

ただ、ヘッドホンを購入する理由は、人それぞれ様々です。

 

ただ、ヘッドホンを購入する人の多くは機能が揃って音も良くて、デザイン性・所有感を感じられるものであればOKという方が多いはずです。

僕も購入するときは、音響機器にそこまで詳しくはないけど良いものを選びたいという漠然としたものがありました。

 

漠然としたものでしたが、失敗したくないし後悔したくないとも感じていたのです。

 

この記事を読んでくれている方もそんな人たちが多いと思い、間違いないBluetooth×ノイズキャンセリングが付いたヘッドホン3つを紹介しました。

是非、購入する際は参考にして最後はご自分で気になるヘッドホンをさらに調べて購入してみてください!

 

価格はどうしても高いものになりますが、高い場合はメルカリ・ヤフオクなどで型落ちなどを購入するのも1つの方法です。

僕自身は型落ちで購入しても本当によかったと感じています。