iPhoneでいつものように半角スペース(短い空白)を入力しようとしたら、なぜかスペースが全角になってしまう現象に困っていませんか?

この記事では、iPhoneでスペースが全角になる原因を紹介しています。

また、半角スペースを入力する方法を「半角スペースしか使わない場合」「半角・全角両方のスペースを使いたい場合」でそれぞれ紹介しているので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

こんな記事も書いてます

iPhoneでスペースが全角になってしまう原因はiOS 13の新機能のせい

iOS 13以降にアップデートしたiPhoneでは「スマート全角スペース」という新機能がデフォルトでオンになっています。

以前までiPhoneのキーボードで「空白」をタップすると半角スペースが入力されたのに、スペースが全角になってしまうようになった原因はこの「スマート全角スペース」のせいです。

「スマート全角スペース」がオンになっているiPhoneの文字入力キーボードでは・・・

  • 日本語(かな)入力の「空白」→ 全角スペース
  • 英数字入力の「空白」→ 半角スペース

このように「空白」をタップした際に入力されるスペースの種類が変更されていて、いつものように日本語(かな)入力のキーボードで空白をタップすると、スペースが全角になってしまうんです。

iOS 13以降のiPhoneで半角スペースを入力する方法は主に2つあります。

「半角スペースしか使わない場合」「半角・全角両方のスペースを使いたい場合」のやり方をそれぞれ紹介するので、自分にあった方を使ってみてください。

スポンサーリンク

iOS 13以降のiPhoneで「半角スペース」を入力する方法は2つある!!

iOS 13以降のiPhoneで半角スペースを入力する方法は・・・

  1. 「スマート半角スペース」をオフにする
  2. キーボードを英数字に切り替える

主にこの2つで、半角スペースしか使わない場合は「1」の方法、半角・全角両方のスペースを使いたい場合は「2」の方法でそれぞれ対応しましょう。

1.半角スペースしか使わない場合は「スマート全角スペース」をオフにする

「スマート全角スペース」がオンのままでも、キーボードを英数字に切り替えて空白をタップすれば半角スペースを入力できます。

ですが、これだと半角スペースしか使わない人にとってはちょっと不便ですよね。

「半角スペースしか使わない」という人は、以下の方法でスマート全角スペースをオフにしておきましょう。

iPhoneの設定から「一般」→「キーボード」と進み、「スマート全角スペース」のタブをオフにする。

スマート全角スペースをオフにすれば、以前のiPhoneのようにどのキーボードで空白をタップしても、入力されるスペースが半角に戻ります。

ちなみに、僕は全角スペースを使う機会がマジで一切ないので、スマート全角スペースを速攻でオフにしてしまいましたw

2.全角スペースも使いたい場合はキーボードを切り替えて半角スペースを入力する

iOS 12以前のiPhoneでは、どのキーボードで空白をタップしても半角スペースしか入力されない仕様だったので「全角スペース」を入力するのが非常に困難でした。

以前から全角スペースも使いたかった人にとって、iOS 13の「スマート全角スペース」は大歓迎の新機能だと思いますし、できればオンのままにしておきたいですよね。

「半角・全角両方のスペースを使いたい」という人は、何かiPhoneの設定を変更する必要はありません。

「スマート全角スペース」はオンのままにしておいて、半角スペースを入力したい時だけキーボードを英数字に切り替えて「空白」から半角スペースを入力するようにしましょう。

まとめ:スマート全角スペースは人によっては不要な新機能!!

iPhoneでスペースが全角になる原因は、iOS 13以降で搭載された新機能「スマート全角スペース」がデフォルトでオンになっているからです。

スマート全角スペースはiPhoneの設定から「一般」→「キーボード」と進み、「スマート全角スペース」のタブでオンオフを切り替えられるので、半角スペースしか使わないという人はオフにしておきましょう。

半角・全角両方のスペースを使いたい人の場合は、スマート全角スペースはオンのままにしておいて、半角スペースを使いたい時はキーボードを英数字に切り替えてから「空白」をタップすればOKです。

ABのひとこと
全角スペースって使うタイミング全然なくない?

スポンサーリンク