iPhone 7

iPhone7の防水機能はどこまで大丈夫なのか調べてみた!!

投稿日:2017年3月26日 更新日:

今回は、iPhone7の防水機能について紹介していきます。

 

また、iPhone7(PRODUCT)REDを予約購入しているので届き次第、実験をしてみたいと思うのでそのへんもいずれ紹介していきます。

スポンサーリンク

iPhone7は本当のところ防水機能ではなく耐水性能があがっただけ

 

iPhone7は、発売前は防水機能があると言われていましたが実際のところ耐水性能があがっただけになります。

 

しかし、僕は疑問に感じたことがあります。

 

iPhone7(PRODUCT)REDを購入したけどそのiPhone7はどれだけの耐水性能があるのかと。

 

iPhone7 PRODUCT REDを黒くしたい!!

iPhone7(PRODUCT)REDにおすすめの画面保護フィルム

 

よく雨に濡れたくらいでは壊れづらいとはいいますがどこまで耐水性能があがったのかみなさんも気になると思うのでそのあたりを調べてみました。また、防塵性能と防沫性能についても軽く解説していきます。

スポンサーリンク

iPhone7は防水とはまでいかないまでも耐水性能は半端ない!

 

調べてみてすぐに感じたことは耐水性能といってるけど、もうこれは防水機能といっても過言ではないだろっていうのを素直に感じました。

 

iPhone7は、Appleの公式サイトでも紹介されていますが「防沫性能」「耐水性能」「防塵性能」が備わっています。そして、「IEC規格60529にもとづくIP67等級」と表示されています。

 

IEC規格60529にもとづくIP67等級というこの規格をひもといてみるとiPhoneの耐水性能(防沫性能、防塵性能)を知ることができます。

 

国際基準のなんたらかんたらと説明しても変に難しくなっちゃうので簡単に説明すると

 

IP-67

  • 6」とは、粉塵が内部に侵入しない構造という意味ちなみに、粉塵とは石や金属などが砕けてできている粉のように細かいもののこと
  • 7」とは、水中への浸漬に対する保護という意味推進1m30 分間没しても水が浸入しない構造の事をいっています。

 

なので、iPhone7水深1mの場所に30分落ちてしまった場合でも大丈夫ということになります。

 

iPhone7を水の中へ入れてみてわかったこと

追記:2017/4/7

 

iPhone7購入して早速水の中へ入れてみました。

 

まずは、蛇口から水を流しっぱなしにしiPhoneに水をかけてみました。

 

その後、iPhoneを水を貯めたバケツにドボンッ!!(音楽を流しながらw)して20分程放置プレイ。

 

そのご、しっかり操作ができるのか。また、音楽を流してのスピーカーから音はちゃんとできるのかを確認して全て問題なし。

 

ただ、やはり水がスピーカーの中に残っていたりするとビビリ音みたいな音が聞こえるのでしっかりと拭いてあげて使うようにしてもらうと問題はないのかなと思います。

 

もし、耐水性を試すのであれば万が一のことも考えられるので「SIMカード」は抜くようにしておくといいですね。

 

それと、あくまで自己責任でお願いします。

 

ただし、これだけの性能があったとしても注意点はありますのでiPhone7を使っているiPhoneユーザーは是非覚えておきましょう。↓↓

iPhone7 PRODUCT REDを黒くしたい!!

iPhone7(PRODUCT)REDにおすすめの画面保護フィルム

iPhone7は水深1mでも30分間は水が侵入しないが注意点がある

 

Appleの公式サイトでも紹介されていますがかなり小さくそしてページ下部に書かれているのであまりみているiPhoneユーザーは少ないと思うので紹介しておきます。

 

  1. iPhone 7とiPhone 7 Plusは防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えており、実験室の管理された条件下でのテストにより、IEC規格60529にもとづくIP67等級に適合しています。防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。iPhoneが濡れている場合は充電しないでください。クリーニングと乾燥の方法についてはユーザガイドをご覧ください。液体による損傷は保証の対象になりません。引用:Apple公式サイト

 

このようにApple公式サイトにも書かれているのであまり性能を過信しすぎると大変なことになっちゃうので注意してくださいね。

スポンサーリンク

iPhoneのクリーニングの仕方と乾燥方法については詳しい取扱に関する注意点

清掃  土や砂、インク、化粧品、石鹸、洗剤、酸や酸性の食品、ローションなど、汚れや損傷の原因となる物質に iPhone が触れたときは、ただちに iPhone を清掃してください。清掃するには:

  • すべてのケーブルを取り外し、iPhone の電源を切ってください(スリープ/スリープ解除ボタンを押したまま、画面に表示されたスライダをスライドします)。
  • レンズ用クロスなど、柔らかくけば立たない布を使用してください。
  • 開口部に液体が入らないように注意してください。
  • 清掃用品やエアダスターは使用しないでください。

iPhone には、指紋が目立ちにくい疎油性(はつ油)コーティングが施されています。このコーティングは普通に使用していても次第に摩耗していきます。清掃用品や研磨剤を使用すると、コーティングの劣化を早め、iPhone に細かい傷が付くおそれがあります。

耐水性能と防塵性について  iPhone に液体がかかったり埃が付着したりした場合は、糸くずの出ない柔らかい布(レンズ用クロスなど)で拭き取ってください。SIM トレイを開くときは、iPhone が乾いていて埃が付着していないことをあらかじめ確認してください。石鹸、洗剤、酸や酸性の食品、および液体(塩水、石鹸水、プールの水、香水、虫除け、ローション、日焼け止め、油、接着剤リムーバー、毛髪染料、溶剤など)には iPhone を浸さないよう、極力注意してください。iPhone がこれらの物質に接触した場合は、上記「清掃」のセクションの指示に従って、iPhone をお手入れしてください。

iPhone 7 と iPhone 7 Plus は耐水性能と防塵性を備えており、管理された試験環境において、IEC 規格 60529 にもとづく IP67 等級の検査が行われています。耐水性能と防塵性は永続的なものではなく、通常の使用によって次第に低下することがあります。液体による損傷は保証対象外となります。液体による損傷を防止するため、以下のことは行わないでください:

  • iPhone 7 または iPhone 7 Plus を付けたまま泳いだり入浴したりする
  • iPhone 7 または iPhone 7 Plus に水圧が強い水や流速が大きい水をかける(たとえば、シャワー、ウォータースキー、ウェイクボード、サーフィン、ジェットスキーなど)
  • iPhone 7 または iPhone 7 Plus をサウナやスチームルームで使う
  • iPhone 7 または iPhone 7 Plus を故意に水に浸す
  • iPhone 7 または iPhone 7 Plus を推奨される温度範囲外または湿度が非常に高い環境で操作する
  • iPhone 7 または iPhone 7 Plus を落とすなど、衝撃を与える
  • iPhone 7 または iPhone 7 Plus を解体する(ネジの取り外しなど)

iPhone 7 または iPhone 7 Plus が液体にさらされた場合は、すべてのケーブルを取り外してください。また、完全に乾くまでデバイスを充電しないでください。iPhone が濡れているときにアクセサリを使用したり、iPhone を充電したりすると、本体が損傷するおそれがあります。充電したり Lightning アクセサリを接続したりする前に、5 時間以上間をあけてください。

iPhone を乾かすには、Lightning コネクタを下に向けた状態で、手の上で iPhone を軽くたたき、余分な液体を取り除きます。デバイスを風通しのよい乾燥した場所に置きます。デバイスの Lightning コネクタの中にファンの冷気を直接当てると早く乾かすことができます。

外部熱源を使って iPhone を乾かしたり、Lightning コネクタに綿棒や紙タオルなどの異物を入れたりしないでください。

引用:iPhoneユーザガイド

 

iPhone7 PRODUCT REDを黒くしたい!!

iPhone7(PRODUCT)REDにおすすめの画面保護フィルム

 

iPhone7の防水機能と取扱に関するまとめ

iPhone7は、あきらかに以前のiPhoneと比べ耐水性能はあがりました。しかし、防水機能ではないと表示されているので取扱には十分注意しましょう。

 

あくまで、新品のiPhone7での規格は水深1mでも30分間は大丈夫という規格にはなっています。

 

ただし、あくまで新品での規格なので通常使用に伴う劣化で性能が落ちてくると考えられるのでユーザガイドにも書いてあるように

  • iPhone 7 または iPhone 7 Plus を付けたまま泳いだり入浴したりする
  • iPhone 7 または iPhone 7 Plus に水圧が強い水や流速が大きい水をかける(たとえば、シャワー、ウォータースキー、ウェイクボード、サーフィン、ジェットスキーなど)
  • iPhone 7 または iPhone 7 Plus をサウナやスチームルームで使う
  • iPhone 7 または iPhone 7 Plus を故意に水に浸す
  • iPhone 7 または iPhone 7 Plus を推奨される温度範囲外または湿度が非常に高い環境で操作する
  • iPhone 7 または iPhone 7 Plus を落とすなど、衝撃を与える
  • iPhone 7 または iPhone 7 Plus を解体する(ネジの取り外しなど)

こういうことはしないようにしましょう。

 

UKのひとこと
iPhone7(PRODUCT)REDが届いたら早速実験してみるからその時はみんな見てくれよな!!

 

スポンサーリンク


-iPhone 7

Copyright© BumBullBee.com(バンブルビー) , 2017 AllRights Reserved.