iPhone 7

iPhone7で睡眠前に行いたいブルーライトカット機能の設定方法

投稿日:2017年3月21日 更新日:

今回は、iPhone 7でブルーライトをカットする設定方法を解説していきます。

夜寝る前、iPhoneでニュースサイトやゲームしているという人は多いと思います。

しかし、ブルーライトが目に入ると睡眠の妨げになることもあるので、夜間はブルーライトをカットする設定をしておくようにしましょう。

スポンサーリンク

iPhone 7でブルーライトをカットする設定が可能

※iPhone7だけでなく、iPhone5・6など以前の端末でもiOS 10以上へアップデートしていれば使えます。

数年前からよく聞くようになったブルーライトですが、iPhoneを含むスマホはもちろん、パソコンやタブレット端末等からもブルーライトは発せられています。

 

暗いところで画面を見ていると目が痛くなったりするのは、ブルーライトが原因でもあります。

そんなブルーライトiPhoneでカットする設定方法を今回解説していきますので、夜寝る前などによくiPhoneを見ているという方は、夜間だけでもブルーライトをできるだけカットするように設定しておきましょう。

スポンサーリンク

iPhoneでブルーライトをカットする設定方法

それでは早速、iPhoneでブルーライトをカットする設定方法を解説していきます。

アプリも必要なく、手軽に設定することが可能なので是非試してみてください。

 

  1. ホーム画面から設定へ
  2. 画面表示と明るさへ

  3. Night Shiftをタップする

  4. 時間指定をオンにする

  5. 開始 終了をタップします
  6. オンオフにする時間を自分で設定する(デフォルトでOKであればそのままでOK)
  7. これで画面の色が薄い黄色(Night Shiftのデフォルトの状態)になります

iPhoneでブルーライトをカットする「Night Shift」の基本的な設定方法は上記の通りです。

この設定をカスタマイズすると、自動で常にオンにしたりなど、自分好みに調整することも可能です。

iPhoneのナイトシフトを「自動で常にオン」にして目を守ろう!!

 

iPhoneのNight Shiftモード(ブルーライトカット)を一時的に設定する方法

  1. ホーム画面の一番下からフリックもしくはスワイプでコントロールセンターを表示する

  2. Night Shiftをタップすれば簡単にオンオフを切り替えることができる

※iOS 11以降のコントロールセンターでは、「画面の明るさマーク」を強く押し込む(or長押し)ことで、Night Shiftのメニューを表示することができます。

 

ブルーライトカット眼鏡の併用もおすすめ!!

iPhoneのNight Shiftモードと併せて、眼鏡でブルーライトをカットする方法もありますのでよく目がチカチカするという方は眼鏡も是非検討すると良いと思います。

ブルーライトが気になるならJINSの眼鏡がオススメです。

 

 

私も、2年ほど前からJINSのブルーライトカット眼鏡を愛用しています。

JINSの眼鏡を利用して感じたことは、目の疲れ方が違う・痛みが軽減されたということです。おすすめ。

 

iPhoneでブルーライトをカットする設定方法まとめ

以上が、iPhoneブルーライトカットする設定方法になります。

寝る前は睡眠の妨げにならないように、できるだけNight Shiftモードをオンにして利用するようにしましょう。

UKのひとこと
俺も夜寝る前によくiPhoneでニュースサイトとかみてるけどたしかに目がチカチカして痛いなと思ったことがあるんだよな!でも、この方法を利用してからたしかに目の調子が多少は改善したように感じるぜ♪みんなもブルーライトカットを是非設定してみてくれ!!

 

スポンサーリンク


-iPhone 7

Copyright© BumBullBee.com(バンブルビー) , 2017 All Rights Reserved.