iPhoneのナイトシフトを「自動で常にオン」にして目を守ろう!!

iPhone / iPad

iPhoneのナイトシフトを「自動で常にオン」にして目を守ろう!!

投稿日:

iPhoneのブルーライトを軽減する機能「Night Shift(ナイトシフト)」、ちゃんと使っていますか?

この記事では、iPhoneのナイトシフトを「自動で常にオン」にする設定方法を解説します。

目への負担を軽減するためにも、ナイトシフトを積極的に活用していきましょう。

スポンサーリンク

iPhoneのナイトシフトを「自動で常にオン」にする方法

iPhoneのナイトシフト機能には「常にオン」にするという設定項目がありません。

しかし、時間指定の設定を工夫することで、ほぼ24時間常にオンにすることが可能です。

iPhoneの設定から[画面表示と明るさ] → [Night Shift]と進みます。

ナイトシフトの設定1

[時間指定]のタブをオンにし、開始と終了時間の欄をタップ。

ナイトシフトの設定2

カスタムスケジュールを選択し、オンにする時刻とオフにする時刻を設定します。

この時、オフにする時刻をオンにする時刻の1分前に設定しましょう。

たとえば「開始を2:00・終了を1:59」にしておけば、その1分以外の23時間59分は、ナイトシフトを常にオンにすることができます。

設定する時間に関しては、自分がまず寝ているであろう時間帯(夜中)にしておきましょう。

スポンサーリンク

・iPhoneのナイトシフトの効果を実感する方法

iPhoneのナイトシフトを普段あまり使っていない人は、どれくらいの効果があるものなのか疑問というか、信じていないかと思いますw

そんな人は、とりあえず騙されたと思って、丸一日ナイトシフトをオンの状態で過ごしてみてください。

しばらくオンにしていたナイトシフトをオフにすると、iPhoneを直視したくないレベルで目がツラいので、ナイトシフトの効果の程を実感できるかと思います。

この記事のまとめ

  • iPhoneのナイトシフト機能には「常にオン」にする設定項目がない
  • 時間指定で「オフにする時刻をオンにする時刻の1分前に設定」するとほぼ常にオンにすることができる

iPhoneのNight Shift(ナイトシフト)機能は、設定を少し工夫するだけで「(ほぼ)自動で常にオン」にすることが可能です。

慣れるまでは黄色っぽい画面に違和感を感じるものですが、目への負担は確実に軽減されるので、ぜひ積極的に活用していきましょう。

ABのひとこと
濃度はデフォルトのままでも十分効果あると思うよ。
スポンサーリンク


-iPhone / iPad

Copyright© BumBullBee.com(バンブルビー) , 2017 All Rights Reserved.