iPhone / iPad

iPhoneのパスコードをバレにくくする裏ワザ|推測されにくくする設定方法

投稿日:2017年8月11日 更新日:

iPhoneのパスコード(パスワード)をバレにくくする方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

iPhoneのパスコードをバレにくくするメリット

iPhoneのパスコードをバレにくくするメリット基本的には1つです

  • 他人からiPhoneをのぞかれないようにするため

です。

家族から見られないようになどと考える方もいるかもしれませんが、万が一あなたのiPhoneが盗まれた時にパスコードを推測しにくいように設定しておくとセキュリティ対策としては安心なのではないでしょうか?

 

その他のiPhoneのセキュリティ対策を万全にする方法はコチラ↓↓

 

今回紹介するパスコードをバレにくくする方法は、初期設定であれば何桁かわかってしまうパスコードを何桁で設定しているかわからなくする方法です。

iPhoneのパスコードをバレにくくする裏ワザとその設定方法

iPhoneのパスコードをほとんどの人は、4桁もしくは6桁で設定していると思います。

 

指紋認証していれば入力は必要ありませんが、どうしても何桁で設定しているかほかの人に見られてしまえばわかります。

 

そこで、何桁か相手に推測されないようにする設定手順を紹介していきます。

  1. 設定アプリを開きます
  2. 「Touch IDとパスコード」タップしパスコードを入力します
  3. パスコードを変更をタップします
  4. 現在のパスコードを入力
  5. 「新しいパスコードを入力」画面で「パスコードオプション」をタップ

  6. 「カスタムの英数字コード」をタップします
  7. 英字と数字を含めた4桁以上のパスコードを設定しましょう
  8. 再度新しいパスコード入力し完了をタップします
  9. あとはパスコード入力画面をみるとこんな風になっており推測しにくくなります

是非こんな裏ワザもあるのでみなさんも使ってみてくださいね。

スポンサーリンク

iPhoneのパスコードをバレにくくする裏ワザ|推測されにくくする設定方法まとめ

  • 初期設定のパスコードでは4桁・6桁のパスコードなのか推測されやすい
  • iPhoneを盗まれた場合・家族に見られた場合数字だけだと解除されやすい
  • しかし、カスタム英数字コードであれば何桁かもばれないし数字よりセキュリティ対策は万全になります

是非参考にセキュリティを強化しておきましょう♪

スポンサーリンク


-iPhone / iPad

Copyright© BumBullBee.com(バンブルビー) , 2017 All Rights Reserved.