今回はiPhone11とiPhone11pro、11proMaxのカメラの性能や機能などの使い方を紹介します。

また、ちょっと知ってると優越感に浸れる小技なども紹介しますのでiPhone11を持っている人はぜひ色々と試してみてください。

スポンサーリンク

こんな記事も書いてます

スポンサーリンク

【豆知識】iPhone11・11proの背面のガラスは一枚のガラスからできている

これは実際どうでもいい小ネタなんですが

iPhone11や11proの背面をみてもらうとわかりますが実は一枚のガラスからできています。

さらに11はカメラ部分がマットで全体が光沢になっており、11proシリーズはカメラ周りだけが光沢になっていて背面全体はすりガラスのようなマット仕上げになっているんです。

iPhoneXSとiPhone11のカメラの性能の違い

ではカメラの性能について触れていきたいと思います。

上の画像は左2つが11proで右がiPhone11になります。

11だけ2眼になっているのがわかります。1つ前のiPhoneであるiPhoneXSも2眼カメラですが、iPhone11はXSと違い超広角(上側のカメラレンズ)と広角(下側のカメラレンズ)の2眼になります。

プライベートなどでのカメラ撮影は集合写真やちょっとしたお店の中での撮影、景色の良い場所での撮影をすることが多いと思いますが広角側のカメラで写真を撮影するとブレの影響が少なくなります。

XSと比べると結果超広角レンズが搭載されているためポートレートモードでも広く撮影することが可能になっています。

さらに逆光などがある場合もXSでは暗くなるところがiPhone11では問題なく顔がはっきりするほど綺麗に撮影することができるようになっています。

広角レンズ(上部分) 超広角レンズ(下部分)
iPhone11のカメラ F1.8
6枚構成
100%フォーカスピクセル
光学手ぶれ補正
F2.4
5枚構成
手ぶれ補正なし
スポンサーリンク

iPhone11proのカメラはダサいと言われるが3眼カメラの性能は素晴らしい!!

タピオカみたい。などと発売前は言われておりダサいというイメージが広がっていました。

確かにカッコイイ・お洒落なイメージのあったiPhoneが3つ目カメラを搭載することでその感じがなくなったように思いますw

しかしこの3眼だからこそ撮影できる写真もあるのは間違いありません。

■望遠
■広角
■超広角
広角(上側レンズ) 超広角(真ん中) 望遠(下側)
iPhone11proシリーズ 26mm 13mm 52mm
焦点距離26mm
F1.8
6枚構成のレンズ
光学手ぶれ補正
100%フォーカスピクセル
新しい12MPセンサー
F2.4
5枚構成のレンズ
120度の視野角
4倍広いシーン
12MP(メガピクセル)センサー
焦点距離52mm
より口径の広いF2.0
6枚

iPhone11には広角と超広角レンズしかありませんが、11Proには望遠レンズも搭載されています。

望遠では最大10倍のズームが可能になっており、今までのiPhoneで利用してきたようなズーム機能とは一線画す存在となっているのが現状です。

また夜の街並みを撮影する時なども今までのiPhoneだと暗く写ってしまいがちだったのが明るく綺麗な写真へと変貌しています。

望遠と広角には光学手ぶれ補正も搭載されています。

iPhone11・11proシリーズのカメラ撮影するときのコツ

コツというほどでもないけど写真を撮影する際のコツや機能の使い方を紹介。

超広角や広角は、自撮りや集合写真などで使うと便利。

よりの撮影をしたい場合は望遠で撮影する。

超広角で撮影するさいは真正面から自撮りするのではなく、ちょっと上から体全体が写るように撮影すると可愛い写真を撮影することができるはずです。

自撮りの時には望遠はあまりおすすめできません。

高い建物や広い・高い建物を撮影する場合は超広角で撮影すると入るはずですし面白い写真を撮影できるかもしれません。

今までギリギリ入らなかったという場合は超広角が備わったことで可能になっています。

夜の撮影も強くなったiPhone11・11proシリーズ!ナイトモードは超使える!

iPhone11や11proを持っているなら夜に写真を撮影してみると驚くはずです。

ナイトモードをオンにして撮影すると綺麗に写真が取れることに驚くはず!

通常のカメラでは夜に写真を綺麗に撮影するためには長い時間シャッターを開けておく必要があります。しかし新型のiPhoneではすぐに撮影してシャッターを切っても綺麗な写真が可能になっています。

スポンサーリンク

【目玉機能】iPhone11・iPhone11proの写真は切れている部分を復活させることができる!?

写真を撮ったもののあとで写真を見返してみると顔が切れていた、写真内に納めたかった部分が切れてしまっていた。

といった経験はないでしょうか?

実はiPhone11からは1ヶ月以内限定という条件はありますが、切れている部分を復活させることができる機能が搭載されています。

で、これはどういった機能なのかというと例えば26mmの広角で撮影した写真が切れていても13mmの超広角で撮影した写真と繋ぎ合わせて切れている部分をトリミングして変更し復活させるという優れた機能を使っています。

iPhoneで尚且つ複数のカメラレンズがあるためできる機能と言えます。

iPhone11を持っている人はぜひ一度試してみてくださいね!この機能は写真アプリの編集から利用することができます。

iOS13で進化している写真アプリの編集機能

以前ios13対応 iPhoneポートレートモードの使い方!後から編集でボケさせる方法

の記事でも紹介しましたが、編集機能がかなり進化しています。

ぜひ、iPhone11・11proを持っている人は参考に写真を編集してみてください!

写真撮影中に動画を取りたいと思った時はQuickTakeを使おう!

写真を撮影中などにすぐに動画を撮影したいと思ったことがあると思います。

そんな時はQuickTakeで動画に素早く切り替えましょう!

iPhoneXSでは無理ですが、iPhone11ではシャッターに指を置いたままにするだけでビデオ撮影が始まります。さらにビデオをそのまま取り続けたい場合は右へスワイプするだけでOK

バーストモードで連続写真を取りたいときは左へスワイプするだけです!

iPhone11では内側カメラでスローモーション撮影ができる

新しい12MPのTRUEDepthカメラでは自撮りでスローモーション撮影が可能になりました。

120fpsで撮影でき、4Kでは60fpsで撮影可能です!またiPhoneを横向きにすれば自動でズームアウトするので友達との自撮りが簡単に撮影できます!!


スポンサーリンク