最近、やたらとiPhoneのTwitterアプリが重くてイライラしていませんか?

この記事では、iPhoneでやたらと重いTwitterの動作を大幅に改善・解消できる2つの対処法を紹介しています。

簡単にできるくせに間違いなく効果がある方法なので、ぜひ試してみてください!!

スポンサーリンク

こんな記事も書いてます

最近iPhoneのTwitterアプリがやたらと重い!解消法は?

個人的には、iPhoneをiOS 13にアップデートしてからでしょうか?最近やたらとTwitterアプリが重いです。

iOSのアップデートが原因なのかアプリの問題なのかわかりませんが、とりあえず自分でできる対処法はやっておきましょう。

以下より紹介する2つの方法は簡単にできますが、Twitterの重さを大幅に改善・解消できるのでぜひ試してみてください。

1.データセーバーをオンにする

iPhoneのTwitterアプリには「データセーバー」という設定項目があり、これをオンにすることで・・・

  • 画像を低画質で読みこむ
  • 動画を低画質で読みこむ
  • 動画を自動再生しない

画像や動画を高画質で読み込まない&タイムライン上などで動画を自動再生しないように設定できます。

高画質な画像や、動画の自動再生はTwitterが重くなる1つの原因になるので、まずはこのデータセーバーをオンにしてみましょう。

なお、データセーバーはTwitterのメニューから「設定とプライバシー」→「データ利用の設定」と進むとオンオフを切り替える事ができます。

2.Twitterに溜まったストレージを削除する

続いて、Twitterに溜まったストレージを削除します。

先ほどと同じくTwitterのメニューから「設定とプライバシー」→「データ利用の設定」と進み・・・

  • メディアストレージ
  • ウェブサイトストレージ

この2つを、両方ともすべて削除しちゃいましょう。

Twitterのストレージとは、一度読みこんだ画像などを保存しておくことで次回スムーズに表示できるようにしておく為のもので、要はキャッシュですね。

このストレージがアプリ内に溜まっていくとどんどん動作が重くなるので、サクッと削除しておきましょう。

・・・どちらかと言うと、こちらの方が速効性があると思います。

まとめ:iPhoneでTwitterが重いと感じたら・・・

iPhoneでTwitterアプリの動作が重いと感じる場合には、

  • データセーバーをオンにする
  • ストレージを削除する

まずはこの2つを試してみてください。これだけでTwitterの重い動作を大幅に改善・解消できると思います。

また、ストレージに関しては使っている内にまたどんどん溜まっていくので、定期的に削除するのもおすすめです。

ABのひとこと
サクサク流し読みしたいのに重いとまじイラつくよねw

スポンサーリンク