iOS13のアップデートができるようになりましたね!

iOS13にリリースされアップデート後ライトモードとダークモードを選択することができるようになっています。

興味本位でダークモードにしたはいいけど使いづらいと感じた人もいたのではないかなと思います。

私自身もアップデート後の初期設定でダークモードをついつい選んでしまい使いづらいというか見にくいなと感じてしまったので今回は通常のモード、ライトモードに戻す方法について紹介します。

iPhone11の防水機能ってどうなの?

iPhone 11の防水性能は最強。お風呂でも使えるか調べてみた

iPhone8の防水についてはこちら

iPhone8の防水機能はどこまで大丈夫なのか調べてみた!!

スポンサーリンク

こんな記事も書いてます

スポンサーリンク

ダークモードはオシャレでかっこいいけど見にくい

ダークモードにするとパッと見た感じではそこまでの変化は内容に感じる人もいるかもしれません。

壁紙などによってそこまで変化を感じられない場合もあります。

ただアプリをまとめて収納しているフォルダの色が変化していることに気づく人もいると思います。

ホーム画面での変化を感じられる点はそのフォルダの色が通常よりも黒くなっているくらい。

私はこの時点ですごく見辛さを感じましたw

なのでダークモードはやめて通常のライトモードに戻すことにしました。

アプリによっては、今まで通りのものもありますがiPhoneの標準アプリはダークモードにすると背景まで黒くなるため通常使用している時などは見にくさを感じる人もいるかもしれないなという印象です。

スポンサーリンク

iOS13ダークモードからライトモードに戻す設定方法

ダークモードからライトモードに戻す方法は簡単です。

以下の手順を参考にしてください。

  1. 設定アプリを開きましょう
  2. 「画面表示と明るさ」をタップしてください
  3. あとはライトを選択するだけでOK

ちなみに画面表示と明るさ画面で「自動」という機能をオンにすることで日の入りから日の出まではダークモードにすることもでき、自分の好きな時間だけ指定できるカスタムスケジュールというものもあります。

この3つのステップでダークモードからライトモードにすることができます!

ダークモードのメリットって何?

ダークモードについて私はここまで見にくく使いづらいと紹介してきましたがダークモードにももちろん使うメリットというのはあります。

  1. 目に優しい
  2. 夜画面が見やすくなる
  3. 暗い場所でも人の邪魔にならない
  4. 暗い場所でも見やすい

メリットはこの4つです。

寝る前にiPhoneでニュースやゲームなどをしている人もいると思いますがそんな時はダークモードにすることで目に優しく刺激が少ないのでおすすめです。

で、ダークモードが加わったことでダークモードに最適化された新しい壁紙は、あなたがライトモードとダークモードを切り替えるたびに自動的に変化します。

その壁紙の選択肢は少ないですが最適化された壁紙へ変更する方法についても紹介します。

スポンサーリンク

ダークモードに最適化された壁紙に設定変更する方法

ダークモードに最適化された壁紙にすることでかなり見やすくなりました。

最適化された壁紙を設定した時のライトモードダークモードの違い

同じ壁紙ですがこのように壁紙でどっちのモードになっているか判断することもできます。

最適化された壁紙に設定する方法

  1. 設定アプリを開きます
  2. 壁紙をタップします
  3. 壁紙を選択
  4. ダイナミック・静止画・Liveの「静止画」をタップ
  5. 右下の赤枠のアイコンが表示されている壁紙を選択します
  6. 壁紙のトップに戻り「ダークモードで壁紙を暗くする」をオンにします

これでダークモードの時は暗く、ライトモードの時は明るくなります。

iOS13でダークモードにしたけどライトモードに戻したい時の設定方法まとめ

ダークモードにする場合は、夜などは画面の光が抑えられるため非常に見やすくなります。

ただ、個人的な壁紙などにしていると壁紙によっては見えにくくなることもあるので自動設定にしておき自動で変化する仕様にしておくことで見やすさも変えることができるのでおすすめです。


スポンサーリンク