Twitterのアカウントを削除したのに消えない!!なぜかまだアカウントやツイートが残ってる!!

この現象が起こってしまう場合、考えられる原因は2つあります。

この記事では、Twitterアカウントを削除した後にいつになったらアカウントが消えるのか?という事について解説しています。

自分では削除したつもりでも、知らず知らずのうちにアカウントを復活させてしまうケースは少なくないので、注意が必要ですよ・・・!!

こんな記事も書いてます

Twitterアカウントを削除しても消えない2つの理由

Twitterアカウントを削除したのにアカウントやツイートが消えない原因は、以下2つのいずれかです。

  1. 知らない間にアカウントを復活させてしまっている
  2. 「アカウント削除後も数日間は消えない」という仕様のせい

それぞれ詳しく解説していきますが、1つ目の知らない間にアカウントを復活させてしまうケースは少なくないので特に注意が必要です。

1.知らない間にアカウントを復活させてしまっている

Twitterアカウントを削除しても、アカウントが完全削除されるまでには30日の猶予期間というものが存在します。

また、この30日の猶予期間中に削除したアカウントにログインすると、アカウントが勝手に復活する仕組みになっています。

Twitterアカウントの削除にはこの猶予期間というものがあるので、

「削除したアカウント、ちゃんと消えたかな?」

という確認で削除したアカウントへのログインを試みてしまうと、気づかぬうちにアカウントを復活させてしまうことになってしまいます。

アカウントを復活させてしまうとまた削除をやり直さなければならず、二度手間になってしまいます。

復活させたい場合は別ですが、そうでない場合、削除したアカウントへのログインは、絶対にしないように気を付けましょう。

※30日過ぎてもまだ残ってる!!
Twitterアカウントの削除には、最長で7日間かかることがあると公式が伝えています。
アカウント削除の猶予期間は30日となっていますが、完全に削除されるまでには30日+最長7日間かかる可能性があると考えておくと良いでしょう。

2.「アカウント削除後も数日間は消えない」という仕様のせい

Twitterアカウントを削除しても、完全にデータが削除されるまでには数日間かかってしまうことがあります。

そのため、アカウント削除から数日間の間は削除したはずのアカウントが表示されてしまう可能性がありますが。

これはTwitterの仕様でどうしようもないので、数日間はアカウントやツイートの履歴などが残ってしまうことがあると覚悟しておきましょう。

・Googleなどの検索結果からもなかなか消えない!!

Twitterアカウントを削除しても、Googleなどの検索エンジンの検索結果からはなかなか消えてくれない場合があります。

これは検索エンジンに残った「キャッシュ」という、一時保存の履歴データがなかなか消えてくれない事が原因です。

Googleのキャッシュは、Twitter上のデータと同様にしばらく経てば自然と消えてくれるものなので、緊急を要する場合でなければ消えるのを気長に待ちましょう。

ちなみに、緊急を要する場合はGoogleにキャッシュの削除リクエストを送ることも可能です。

古いコンテンツの削除 – Google Search Console

Googleアカウントにログインした状態で上記のフォームから削除したツイートのURLを入力すれば、削除リクエストを送ることが可能です。
※削除されていないコンテンツは消せないので注意!!

必ず対応してくれるとは限りませんが、緊急を要する場合にはぜひ試してみてください。

この記事のまとめ

Twitterアカウントの削除をしたのにアカウントが残ってしまっている理由は、

  1. 削除後30日間の猶予期間中にログインしてアカウントが復活してしまった
  2. 削除後数日間はデータが消えない可能性があるという仕様のせい

この記事でお伝えした上記2つのいずれかの理由によるものです。

スマホからTwitterアカウントを完全に削除する方法

もしアカウントを復活させてしまった場合には、再度Twitterアカウントを削除しましょう。

ABのひとこと
とりあえず、完全に消えるまで「余計なことせずしばらく待て」ってことやね。