iPhone / iPad

【重要】iPhoneの乗っ取りを防止するセキュリティ対策|2ファクタ認証の設定方法

投稿日:

今回は、万が一に備えてiPhoneの乗っ取りを防止するセキュリティ対策を紹介していきます。

スポンサーリンク

iPhoneを乗っ取られるとどうなるの?

iPhoneの乗っ取りはあまりないとは思いますが、今回は、万が一に備えてのセキュリティ対策を紹介していきたいと思います。

 

iPhoneの乗っ取り(Apple IDの乗っ取り)という意味でここで解説していきます。

 

仮に乗っ取られるとiPhoneを勝手にロックされたり登録済みのクレジットカードを見られてしまう可能性が考えられます。

 

過去には、Appleからアカウント情報の漏洩の可能性があるとのニュースもあったのでセキュリティ対策は自分で万全にしておきたいものです。

 

Appleでは、現在セキュリティ対策強化のため、パスワードが漏れても本人以外はアクセスできない2ファクタ認証」の設定を推奨しています。

 

ここでは、その2ファクタ認証を設定する方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

iPhoneで行う2ファクタ認証の設定方法

それでは2ファクタ認証の設定方法を画像を使って紹介していきます。

  1. 設定アプリを開きます
  2. 一番上にある自分の名前の部分をタップします
  3. 「パスワードとセキュリティ」をタップします
  4. 「2ファクタ認証を設定...」をタップします
  5. その後本人確認を行う電話番号の登録を行えば設定完了です。
パスワードとセキュリティは、何度かタップしなければ次の画面へいけない場合がありますので、次の画面にかわるまで何度かタップしてみましょう。

【重要】iPhoneの乗っ取りを防止するセキュリティ対策|2ファクタ認証の設定方法まとめ

iPhoneの乗っ取りを防止するためには

  • 2ファクタ認証ベスト

2ファクタ認証の設定を行っておけば、仮にパスワードが漏洩したとしても本人以外はアクセスできないようになります。

 

iPhoneのセキュリティ対策を万全にしたい人は是非設定しておきましょう♪

スポンサーリンク


-iPhone / iPad

Copyright© BumBullBee.com(バンブルビー) , 2017 All Rights Reserved.