2018年2月28日のアップデートで、Twitterアプリに新機能「ブックマーク」が追加されました。

ブックマークはTwitter上で使える自分専用の「しおり」のようなもので、使ってみると意外と便利な機能です。

以前から実装が待ち望まれていた機能ですが、ブックマークは相手にバレる(通知がいく)のでしょうか?

この記事では早速検証してみた結果と、ブックマークの効果的な使い方についてお伝えしていきます。

こんな記事も書いてます

Twitterの「ブックマーク」は相手にバレる?

まず最初に結論として、Twitterのブックマークが相手にバレる事はありません。

いいねのように相手に通知がいく事もないし、タイムラインに表示されてしまう事もないので、安心して使うことができます。

Twitterにブックマークの機能が追加されたことによって、

  • リツイート → フォロワーに共有したい場合
  • いいね → 相手に好意を伝えたい場合
  • ブックマーク → 自分専用の「しおり」

このように、用途によって使い分けることができるようになったので、ぜひ活用してみてください。

・ブックマークの使い方

ブックマークの使い方1

ブックマークしたいツイートの「共有ボタン」をタップ。

ブックマークの使い方2

「ブックマークに追加」を選択。

ブックマークの使い方3

「ツイートがブックマークに追加されました」と表示されればOKです。

この手順で、Twitterのツイートをブックマークに追加することができます。

Twitterの「ブックマーク」が使えない原因と対処法

Twitterのブックマーク機能が使えない原因は、以下の2つのいずれかです。

  • Webブラウザ版を使っている
  • アプリを最新版にアップデートしていない

iPhone / Android版のTwitterアプリにはブックマークの機能が追加されましたが、現在、Webブラウザ版のTwitterにはブックマーク機能がまだ追加されていません。(2018年3月2日)

PCからブラウザ上でTwitterを開いている人などは、「あれ、使えないじゃん!!」と思うかもしれませんが、アプリ版ではしっかり使えるようになっているので試してみてください。

また、アプリ版でブックマークが使えない場合の原因は、十中八九「アプリを最新版にアップデートしていない」ことが原因です。

アプリの自動更新をオフにしている人は、以下よりアプリを最新版にアップデートしておきましょう。

・iPhone版

‎Twitter
‎Twitter
Developer: Twitter, Inc.
Price: Free

・Android版

Twitter
Twitter
Developer: Twitter, Inc.
Price: Free

ちなみに、これはTwitterに限った話ではありませんが、「アップデートしたのに新機能が使えない!!」なんて事はよくあります。

そういった場合、アップデート後に端末を再起動すれば大体解消されるので、一度試してみてくださいね。

・ブックマークが消えないバグに注意!!

Twitterでブックマークに追加したツイートを消しても消えない・復活するというバグが定期的に発生しています。

このバグを解消するためにアレコレ試した結果は以下の記事でまとめています

【消えない】Twitterでブックマークが復活するバグが発生中!!

ただ、「解消できた!!」という報告があった方法も個人的に試した結果はダメだったので、個人的にはこのバグを確実に解消できる対処法は現状ないものだと考えています。

まとめ:ブックマーク機能でTwitterがさらに便利に!!

Twitterのブックマークは、通知もなく、タイムラインに表示されることもないので、相手にバレることはありません。

  • リツイート → フォロワーに共有したい場合
  • いいね → 相手に好意を伝えたい場合
  • ブックマーク → 自分専用の「しおり」

既存のリツイート・いいね機能とはこのように使い分け、より快適なTwitterライフを送りましょう!!

ABのひとこと
後でちゃんと読も。みたいなツイートはブックマーク推奨。