iPadのホーム画面から不要なアプリを削除してスッキリさせたいのに、なぜか削除できなくて悩んでいませんか?

この記事では、iPadのアプリが削除できない3つの原因と、その対処法をまとめています。

アイコンを長押ししても×マークが出ない!削除できない!とお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

iPadのアプリが削除できない3つの原因

iPadのホーム画面からアプリを削除できない場合、考えられる理由は3つです。

  1. 「Appの削除」に機能制限がかかっている
  2. 削除できないアプリである
  3. iPadの一時的な不具合

以下より、それぞれの対処法を詳しくお伝えしていくので、順に確認してみてください。

スポンサーリンク

iPadのアプリが削除できない時の対処法

1.「Appの削除」の機能制限を解除する

iPadだけでなくiPhoneでもそうですが、アプリの削除に対して機能制限がかかっている状態だと、アプリを削除することができません。

iPadの「設定」→「一般」→「機能制限」と進み、「Appの削除」のタブがオン(緑)になっているか確認してみてください。

「Appの削除」のタブがオフになっている場合、ホーム画面からアプリを削除することができません。

※写真は機能制限がかかっていて、アプリを削除できない状態です。

機能制限なんてかけた覚えがない・・・という場合でも、何かの拍子にかかってしまっている可能性があるので、一度確認してみましょう。

2.一部の標準アプリは削除できない

iPadに最初から入っている標準アプリの一部は、削除することができないようになっています。

主に「設定」「カメラ」「App Store」などの重要なものですね。

これらのアプリを削除することができないのはiPadの仕様なので、おとなしく諦めましょう。

標準アプリじゃないのに削除できない場合には、以下の手順に進んでください。

3.再起動を試してみる

上記2つを確認しても問題ないのにアプリを削除できない場合、iPadに何らかの不具合が発生している可能性が考えられます。

  1. 電源ボタン(上部のボタン)を、画面にスライダが表示されるまで長押し
  2. 画面に表示された電源ボタンをスライドし、iPadの電源をオフにする
  3. 電源が切れたら、再び電源ボタン(上部のボタン)を画面に「Apple ロゴ」が表示されるまで長押し

その場合、上記の手順で「iPadの再起動」を試してみてください。

iPadで起こる一時的な不具合は「再起動」によって解消される場合が多いものです。

機能制限などに問題がないのにアプリを削除できない場合には、最終手段としてこの再起動を試しましょう。

この記事のまとめ

iPadのアプリをホーム画面から削除できない場合、

  • 「Appの削除」の機能制限を解除
  • 端末の再起動

この2つを試してみてください。

また、設定やカメラなど、iPadに最初から入っている一部の標準アプリは、そもそも削除することができない仕様なので注意が必要です。

ABのひとこと
俺もこないだなったけど、再起動したら治ったわ。