iPhoneのカメラで撮影した写真には「位置情報」が保存されていて、撮影された日時や場所を調べることができるようになっています。

位置情報が保存されたままうっかり写真を共有してしまうと、自宅などの個人情報が特定されてしまう恐れがあるので大変危険です。

この記事では、iPhoneのカメラで撮影した写真の位置情報を確認・削除する方法をまとめています。

さらに、iPhoneのカメラで撮影する写真に位置情報を保存しない為に「位置情報をオフにする方法」もあわせて紹介しているので、この機会にぜひ設定を見直してみてください。

スポンサーリンク

こんな記事も書いてます

iPhoneのカメラで撮影した写真に位置情報が保存されているか確認する2つの方法

iPhoneのカメラで撮影した写真は、写真アプリから2つの方法で位置情報が保存されているか確認することができます。

  • 写真を表示した際に上部に位置情報が表示される
  • アルバム内の「撮影地」フォルダに振り分けられている

上記どちらかに該当する写真には、位置情報がバッチリと保存されています。

ちなみに、iPhoneのカメラで撮影した写真の位置情報(Exif情報)には、

  • 端末の種類名(iPhone 〇〇)
  • 撮影した場所
  • 撮影した日時

これらの情報が保存されており、場所に関しては番地まで・日時に関しては何時何分かまで、かなり正確に保存されています。

なので、もし自宅で撮影した写真に位置情報が保存されたまま流出してしまったら・・・と考えると恐怖しかありません。

以下よりiPhoneのカメラで撮影した写真の位置情報を削除する方法を紹介しているので、不要な位置情報は消しておくことをおすすめします。

iPhoneのカメラで撮影した写真の位置情報を削除する方法

iPhoneのカメラで撮影した写真には位置情報が保存されますが、iPhoneの機能では後から位置情報を削除することができないクソ仕様ようになっています。

なので、写真に保存された位置情報を後から削除したい場合には「位置情報削除アプリ」を使いましょう。

iPhoneで撮影した写真の位置情報を削除できるアプリは無料で使えるものがいくつかありますが、評価が高くておすすめなのは「Photo Secure」です。

写真のExif削除 Photo Secure – App Store

・「Photo Secure」で写真の位置情報を削除する方法

Photo Secureを起動したら、まずは「Load」を選択します。

iPhone内の写真が一覧で表示されるので、位置情報を削除したい写真を選択してください。
※位置情報が保存されている写真のみ、写真の横に赤文字で位置情報が記載されています。

「プライバシー削除」を選択し、「Start」を選択すれば写真の位置情報を削除することができます。

位置情報が削除された写真はiPhoneのアルバム内に新たに保存されるので、位置情報を削除する前の写真が勝手に削除されることはありません。

スポンサーリンク

iPhoneのカメラで撮影する写真の位置情報をオフにする方法

iPhoneのカメラで撮影した写真の位置情報を後から削除するのは面倒なので、位置情報が不要であれば最初からオフにしておく事をおすすめします。

※iPhoneの設定から「プライバシー」→「位置情報サービス」と進み、「カメラ」→「なし」を選択。

上記の手順で、iPhoneのカメラで撮影する写真の位置情報をオフにすることができます。

ちなみに、「次回確認」を選んだ場合には・・・

次にカメラアプリを起動した際に、位置情報の利用を許可するか問われます。

二度手間になってしまうので、写真の位置情報が不要な場合は最初から「なし」にしておくことをおすすめします。

まとめ:特別な事情がない限り写真の位置情報はオフにしておこう

iPhoneのカメラで撮影する写真の位置情報を保存する設定はデフォルトでオンになっているので、撮影した写真には位置情報が保存されています。

写真に位置情報が保存されているかは写真アプリの「撮影地」から確認できますが、iPhoneの機能で後から位置情報を削除することはできないので、位置情報を消したい場合には「位置情報削除アプリ」を使いましょう。

なお、iPhoneのカメラで撮影する写真の位置情報は、プライバシーの設定からオフに切り替えることができるので、特別な事情がない限りはこの設定をオフにしておくことをおすすめします。

ABのひとこと
位置情報って色々危険だし、デフォルトはオフでいいと思うんだが。

スポンサーリンク