iOS 11でWi-FiやBluetoothに勝手に接続される2つの原因と対処法

iPhone / iPad

iOS 11でWi-FiやBluetoothに勝手に接続される2つの原因と対処法

投稿日:2017年10月3日 更新日:

iOS 11で、Wi-FiやBluetoothに勝手に接続されてしまうのは、不具合ではなく仕様です。

この記事では、iOS 11でWi-FiやBluetoothに勝手に接続される2つの原因と対処法をお伝えしていきます。

iPhoneをiOS 11にアップデートしてから、「Wi-FiやBluetoothをオフにしたはずなのに勝手に接続される!!」とお困りの方は、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

iOS 11のiPhoneでWi-FiやBluetoothに勝手に接続される2つの原因とは?

iOS 11では、コントロールセンターからWi-FiやBluetoothをオフにしても、実は完全にオフにはならない仕様になっています。

「オフ」ではなく「未接続」の状態になるだけなので、条件を満たすと、オフにしたはずのWi-FiやBluetoothが勝手にオンになってしまいます。

未接続状態のWi-FiやBluetoothが勝手にオンになる条件は、それぞれ以下の通りです。

iOS 11でWi-Fiが勝手にオンになる条件

  • コントロールセンターでWi-Fiをオンにする
  • 「設定」→「Wi-Fi」からWi-Fi をオンにする
  • 新しい場所に徒歩や車で移動する
  • 現地時刻の午前5時になる
  • デバイスを再起動する

iOS 11でBluetoothが勝手にオンになる条件

  • コントロールセンターでBluetoothをオンにする
  • 「設定」→「Bluetooth」でBluetoothをオンにする
  • 現地時刻の午前5時になる
  • デバイスを再起動する

条件を見ると、Wi-FiやBluetoothに勝手に接続されてしまう原因は明らかです。

  1. 新しい場所に徒歩や車で移動する ※Wi-Fiのみ
  2. 現地時刻の午前5時になる

この2つのどちらかですね。

では、Wi-FiやBluetoothに勝手に接続されたくない時にはどうすれば良いのでしょうか?

その対処法を、以下より解説していきます。

スポンサーリンク

iOS 11のiPhoneでWi-FiやBluetoothに勝手に接続されたくない時の対処法

iOS 11で、Wi-FiやBluetoothに勝手に接続されたくない時の対処法はとても単純です。

それぞれコントロールセンターではなく、設定画面からオフにすれば、手動で接続しない限り勝手に接続されることはなくなります。

やや面倒ではありますが、これはiOSの仕様なので仕方ありません。

「Wi-FiやBluetoothに勝手に接続されたくない場合には、それぞれオフにする時にコントロールセンターではなく設定画面からオフにする」

という風に覚えておくと良いでしょう。

この記事のまとめ

iOS 11では、Wi-FiやBluetoothをコントロールセンターからオフにしても、実は完全にオフにはならず、未接続状態になるという仕様になっています。

未接続状態中は、条件を満たすと勝手にオンになってしまう為、Wi-FiやBluetoothに勝手に接続されたくない場合には、設定画面からそれぞれオフにするようにしましょう。

ABのひとこと
んー、、これは面倒な仕様w
スポンサーリンク


-iPhone / iPad

Copyright© BumBullBee.com(バンブルビー) , 2017 All Rights Reserved.