iPhone / iPad

【iPhoneのセキュリティ対策】鉄壁のロック設定を教えます|あなたのiPhoneは万全ですか?

投稿日:2017年8月10日 更新日:

今回は、iPhoneのセキュリティ対策の1つ、ロック設定に関する知っておくと安心の内容をお届けしていきます。

スポンサーリンク

あなたはiPhoneのセキュリティ対策は万全ですか?

iPhoneを使用しているほとんどの人がやっていると思うパスコードの設定ですが、パスコード(指紋認証)だけでは実は不十分です。

 

というのも、パスコードを設定していても初期設定のロック画面ではコントロールセンターの表示やSiriを利用することができます

 

例えば、iPhoneが万が一盗まれた場合、コントロールセンター内の「機内モード」を設定されたら「iPhoneを探す」では見つけることができなくなります

 

また、予定をカレンダーアプリに登録していればその予定もウィジェットから見られてしまう可能性もあります。その他には、Siriを使えば個人情報の表示も可能です。

 

このようにロックしていてもたくさんの情報にアクセスできるのでロック画面ではあまり機能を使えないようにしておくと安心なのではないでしょうか?

 

今回は、その万全のセキュリティ対策を紹介しておきます。

スポンサーリンク

iPhoneの万全なセキュリティ対策の設定方法

ロック画面中にコントロールセンターにアクセスできないようにする

  1. 設定アプリを開きます
  2. コントロールセンターをタップします
  3. ロック画面でのアクセスをオフにする

Siriをロック画面で利用不可に

  1. 設定アプリを開きます
  2. Siriをタップします
  3. ロック中にアクセスをオフにします

ロック画面からウィジェットを非表示にする

ウィジェットとは、右に指をスライドさせて表示される画面のこと

  1. 設定アプリを開きます
  2. 「Touch IDとパスコード」をタップします
  3. 「今日の表示」をオフにします
  4. 通知も表示させたくなければ「通知の表示」もオフにしましょう

これで、ロック画面からウィジェット画面を表示できなくなります

【iPhoneのセキュリティ対策】鉄壁のロック設定を教えます|あなたのiPhoneは万全ですか?まとめ

iPhoneでは、パスコード(指紋認証)しているから必ずしも安心することはできない。

設定していても初期設定では

  • Siriの利用ができる
  • ウィジェット画面を見ることができる(カレンダー情報が見られる場合も)
  • 盗まれた場合、コントロールセンターを表示できるので機内モードをされる可能性がある

ですので、このあたりの設定をもう一度この記事を参考に万全のセキュリティ対策をしておくことをおすすめします。

スポンサーリンク


-iPhone / iPad

Copyright© BumBullBee.com(バンブルビー) , 2017 AllRights Reserved.