2017年9月20日からiPhoneへの配信が開始された「iOS 11」では、いつものアップデート以上に、様々な新機能が追加されています。

そこでこの記事では、iOS 11で追加された新機能の中から、ガチで使える3つを選りすぐって紹介していきます。

どうせ大して変わらないんでしょ?と思っている人も、この記事を読んだらすぐにiOSをアップデートしたくなるはずです!!

※追記
ガチで使える新機能がもう1つあったので追加しました。

スポンサーリンク

こんな記事も書いてます

iOS 11で追加された「ガチで使える」3つの新機能+1

1.標準カメラアプリでQRコードが読み取れる!!

標準カメラアプリでQRコードが読み取れる!!

iOS 11では、QRコードを標準カメラアプリで読み取る事ができるようになっています。

今までは、わざわざ専用アプリを使わなければできなかったQRコードの読み取りが、標準カメラアプリでできるようになったのは大きいです。

【最新版】iPhoneのカメラでQRコードを読み取る方法

設定方法などについて、詳しくは上記の記事で解説しています。

2.画面録画(スクリーンレコード)ができる!!

画面録画(スクリーンレコード)ができる!!

iOS 11では、画面を録画(スクリーンレコード)する機能が追加され、画面を動画として保存することができるようになっています。

こちらも、今まではアプリを使わなければできなかったものですね。

【アプリ不要!!】iPhoneで画面を録画(スクリーンレコード)する方法

画面録画の使い方や設定方法に関しては、上記の記事で詳しく解説しています。

3.キーボードを左右に寄せて、片手での文字入力をしやすくできる!!

キーボードを左右に寄せて、片手での文字入力をしやすくできる!!

iOS 11では、キーボードを左右に寄せて、片手での文字入力を格段にしやすくすることができます。

Androidスマホでは結構前から使えた機能ですが、やっとiPhoneでも片手用キーボードが使えるようになりました。

アプリ不要!iPhoneのキーボードを左右寄せして入力しやすくする方法

片手用キーボードの使い方については、上記の記事で解説しています。

※iPhone SEではこの機能は使えません。

4.ホーム画面でアプリのアイコンをまとめて一気に移動できる!!

iOS 11では、iPhoneのホーム画面でアプリのアイコンをまとめて移動することができるようになっています。

今までは一個一個長押しして移動させなければいけなかったので、地味ですがこれはメチャクチャ便利です。

【裏ワザ】iPhoneのホーム画面でアイコンをまとめて移動する方法

アイコンをまとめて移動する手順は、上記の記事で解説しています。

スポンサーリンク

iOS 11へのアップデート方法と対応機種について

iOS 11へのアップデートに対応しているiPhoneは、以下の通りです。

iPhone X 最初から搭載
iPhone 8 最初から搭載
iPhone 8 Plus 最初から搭載
iPhone 7
iPhone 7 Plus
iPhone SE
iPhone 6s
iPhone 6s Plus
iPhone 6
iPhone 6 Plus
iPhone 5s
iPhone 5c ×
iPhone 5 ×
5以前のiPhone ×

残念ながら、5c以前のiPhoneはiOS 11へのアップデートに対応していません。

5s以降のiPhoneであれば、アップデート可能となっているので、

iPhoneの最新機能を使えるようにする「iOSのアップデート方法」

上記の記事を参考にiOS 11にアップデートし、この記事で紹介したガチで使える新機能を使えるようにしましょう。

この記事のまとめ

iOS 11では数多くの新機能が追加されましたが、中でもこの記事で紹介した3つ4つはガチで使えます。

今までだとアプリを使わなければできなかった事ができるようになったり、かゆい所に手が届く便利機能が追加されていたりするので、ぜひiOSをアップデートして、新機能を使ってみてください!!

ABのひとこと
個人的にはQRコードが一番うれしいかな。

スポンサーリンク