ガラスフィルムは消耗品なので、割れたり、劣化してきたら新しいものに買い替える必要があります。

しかし、長いこと張り付けていたガラスフィルムは剥がしづらく、無理やり剥がそうとするとiPhoneの画面を傷付けてしまう恐れもあります。

そこでこの記事では、iPhoneを傷つけずにガラスフィルムを剥がすおすすめの方法を紹介します。

剥がす時に画面を傷つけてしまったら無意味なので、この記事でお伝えする方法で、安全にiPhoneのガラスフィルムを剥がすようにしましょう。

スポンサーリンク

iPhoneを傷つけないガラスフィルムの剥がし方

割れたiPhoneのガラスフィルムを剥がすには、名刺やポイントカードなど、薄くてペラペラのカード類を使うのがベスト

これなら簡単にガラスフィルムを剥がせる上に、iPhoneの画面を傷つけてしまう可能性も限りなく低いです。

まず、iPhoneの四隅かホームボタン周りからカードを挿し込みます。

※ガラスフィルムの形状によりますが、ホームボタン周りがやりやすい場合が多い。

カードでガラスフィルムを浮かせたら、あとは手でぺりっと剥がすだけ。

以上です。簡単ですねw

・カッターやドライバーで剥がすのは危険!!

iPhoneのガラスフィルムを剥がす時に、カッターやマイナスドライバーなど、鋭利なものを使おうとする人が多いみたいですが、個人的にはおすすめできません。

せっかくガラスフィルムで保護しているのに、剥がす時に画面を傷つけてしまったら意味ないですからね・・・。

・iPhoneにおすすめのガラスフィルムは?

iPhoneのガラスフィルムって昔は高かったですが、今はまともなメーカーのものでもかなり安く買えるようになっています。

名前を聞いたこともないようなメーカーの格安ガラスフィルムと比較しても大差ないレベルなので、変なものを選ばず、ちゃんと実績のあるメーカーのものを選んだ方が間違いなく良い状況です。

ちなみに、僕が使っているのはiPhone用ガラスフィルムの老舗メーカー「Spigen(シュピゲン)」のものです。

iPhone 5sの頃からずっとこのメーカーのガラスフィルムを買っているので、もうずいぶんと愛用していますねw

ちなみに、Spigenのガラスフィルムは昔から、公式サイトよりAmazonの方が圧倒的に安いです。

理由はわかりませんが、Amazonで売られているのも公式が出品しているものなので、Spigen製品はAmazonで買った方が明らかにお得ですよ。

Amazonで「Spigenのガラスフィルム」を検索!!