これで初めての場所でもWi-Fiを簡単接続できる!!

友達の家に行った時Wi-Fiに接続させてもらうことがあると思いますが

Wi-Fiのパスワード入力をしなければいけなく一度や二度間違って面倒だなと感じたことはないでしょうか?また人にパスワードを教えてあげるのを面倒だなと感じたことはありませんか?

実はiOS11からある機能ではあるのですが、Wi-Fiのパスワードを自動入力・共有させる機能があるのは知っていますか?

今回はそんなWi-Fiのパスワードを自動入力・共有させる方法について紹介します。

これは絶対に覚えておいた方がいい便利機能なのでぜひ最後まで読んでください!!覚えてて良かったと実感してもらえるはずです。

スポンサーリンク

こんな記事も書いてます

スポンサーリンク

友達やオフィスのWi-Fiへ初めて接続する際にパスワード入力はかなり面倒!

友達の家で初めてWi-Fi接続する時やオフィスのWi-Fiに初めて接続するときに必ず行わなければいけないのがWi-Fiのパスワード入力です。

アクセスポイントは表示された中から選ぶだけですがパスワードは基本的に必ず入力しなければいけません。

友達にパスワードを教えてもらって入力したり、教えるのが面倒だからということで画像で送ってきたりされることがあると思いますが、一度や二度間違えたことはきっとあるはずです。

大文字や小文字数字などを入力しなければいけないのでかなり面倒に感じた経験がある人は多いと思います。

また正しく入力したのにつながらないと思ったら友達がパスワードを伝達ミスしてたなんてこともw

そんなときにおすすめな便利機能が「Wi-Fiパスワードの共有」機能です。

この機能の特徴は、すでに接続しようとしているiPhoneを接続しようとしているiPhoneに近づけることで自動的にパスワードを入力しWi-Fiに接続してくれるんです♪

この方法をお伝えしていくのでぜひ覚えて帰っていただけたらと思います^^

スポンサーリンク

iPhoneでWi-Fiパスワードを自動で共有する方法

それでは初めての場所でもWi-Fiのパスワードを自動で共有する方法について紹介していきます。

まずは最初に準備が整っているかチェックしてください。

Wi-Fiパスワードを自動共有する前の準備

  • 両方のデバイスで Wi-Fi と Bluetooth をオンにしておきます。いずれかのデバイスでインターネット共有がオンになっている場合はオフにしてください。
  • 自分の Apple IDが、相手の連絡先 App に登録されているか確認してください。
  • 相手のデバイスを Bluetooth や Wi-Fi の通信範囲内に入るように近くに置いておきます。
  • 両方のデバイスに最新バージョンの iOS や iPadOS、またはmacOS High Sierra以降がインストールされていることを確認してください。

引用:Apple公式サイトより

「自分のAppleIDが相手の連絡先Appに登録されているか確認してください」という部分では相手のiPhoneにあなたがApple IDとして利用しているメールアドレスが登録されているかどうかということです。

お互いのiPhoneでWi-Fi・Bluetoothがオンになっているか、またインターネット共有がオフになっているかしっかり確認してください。

あとのことはそこまで気にする必要はそこまでありません。上記2点は特に確認してもらいたいです。

iPhoneで初めてのWi-Fiパスワード入力を自動共有する手順と方法

手順は準備が整っていればいたって簡単です。

以下ので手順と方法を紹介するのでその順番通りに試してみてください。

事前チェックポイント
  • 2つのiPhoneでWi-FiBluetoothオンになっていること
  • インターネット共有オフになっていること
  • Wi-Fiを接続したいiPhoneのApple ID(メールアドレス・電話番号)が相手のiPhoneの連絡先に登録されていること
スポンサーリンク
  1. Wi-Fiに接続したい側のiPhoneはWi-Fiネットワークを選択しパスワード入力画面で待機します
  2. 接続したいWi-Fiに接続しているiPhoneに接続したいiPhoneを近づけます
  3. パスワード共有をタップし、共有後は完了をタップしてください
  4. これでパスワードを手動ではなく自動で入力することができました

これで初めて接続するWi-Fiでも簡単に接続することができるので、今度初めて接続するWi-Fiなどがあった場合は試してみてください。

もし、この方法を使ってWi-Fiパスワードを自動入力・共有することができないといった問題が発生した場合は

  • 2つのiPhoneでWi-FiBluetoothオンになっていること
  • インターネット共有オフになっていること
  • Wi-Fiを接続したいiPhoneのApple ID(メールアドレス・電話番号)が相手のiPhoneの連絡先に登録されていること

この3つが守られていない可能性がもっとも高いと言えます。

この3つを守っているのに共有できない場合は

お互いのiPhoneを最新版のiOSへアップデートされているかを確認しアップデートされていない場合はアップデート後に試してみてください。

iPhoneだけでなくiPadやMacBook AirやMacBook Proでもこの方法で共有可能!

で、実はこの方法iPhoneだけでなくiPadやMacBook AirやMacBook ProなどMacでも利用することができます。

なので新しく購入したAppleデバイスがあれば簡単にWi-Fiに接続することができます。

新規で購入した場合はぜひ使ってみてね!

iPhoneのWi-Fiのパスワードを自動入力してくれる便利機能まとめ

ここまで非常に面倒なWi-Fiのパスワード入力を自動で行える方法を紹介してきました。

これができるといちいち面倒だったパスワード入力が不要になるのでこれを使いこなせると友達にもびっくりされると思いますw

利用するためには準備が必要なこともありますが、ぜひ一度試してみて下さい。


スポンサーリンク