スマホ歴がそれなりに長い人で、スマホの画面が割れたことのない人っているのでしょうか?

僕はスマホを我が子のように大事に扱えるタイプだと自負していますが、それでも以前に一度だけXperiaを落として画面をバキバキに割ってしまった経験があります。

・・・という訳で、この記事ではdocomoのスマホの画面が割れた時の修理代を状況別にまとめています。

  • iPhoneなのかAndroidスマホなのか
  • ケータイ補償サービスに加入しているか
  • AppleCare+に加入しているか(iPhoneのみ)

docomoの場合はこれらの状況によって修理代や修理方法が変わってくるので、自分の場合はいくらになるのかチェックしてみてください!!

スポンサーリンク

こんな記事も書いてます

docomoのiPhoneの画面が割れた時の修理代

修理代(税別) 修理方法
AppleCare+ for iPhone 3,400円 修理
ケータイ補償サービス 7,500円 or 11,000円 交換
何も加入していない 13,800円~35,800円 修理

docomoのiPhoneの画面が割れた時の修理代は、加入している保証(補償)サービスの種類によって異なります。
※Androidスマホの場合[docomoのAndroidスマホの画面が割れた時の修理代]

・AppleCare+ for iPhoneに加入していれば最安で修理できる!!

docomoでiPhoneを購入した際に「AppleCare+ for iPhone」に加入した場合、保証期間内であれば正規店では最安となる3,400円(税別)で割れた画面を修理することができます。※保証期間は2年間

お使いのiPhoneの保証状況(保証内容や期間)は、以下のページで確認することができます。
保証状況とサービス期間を確認する – Appleサポート

期間に関しては持ち込み修理が早いですが、集荷を依頼して配送修理することも可能です。

修理の申し込みや近くのApple正規サービスプロバイダの検索は、Appleサポートのページから行いましょう。
Appleサポート

・ケータイ補償サービスに加入していれば新品同様のiPhoneに交換できる!!

docomoでiPhoneを購入した際に「ケータイ補償サービス」に加入していた場合、画面が割れたiPhoneを新品or新品同様のリフレッシュ品と交換することができます。

落としたりして画面が割れたiPhoneは画面以外も傷ついている場合が多いですから、新品同様のiPhoneに交換できるのは大きいですよね。

docomoの「リフレッシュ品」というのは、ケータイ補償サービスなどでdocomoが回収した端末を修理・部品交換・品質確認して新品同様の状態にしたものの事を言います。

Appleの認定整備済製品みたいなものですね。ほぼ新品と考えていいのではないでしょうか。

修理代は7,500円or11,000円となっていますが、新しめのiPhoneは大体11,000円かかってしまうと考えてください。

また、滅多にないと思いますがケータイ補償サービスは1年間に2回までしか使えないので、1年間に3回以上壊さないように注意しましょうw

ちなみに、ケータイ補償サービスの修理申し込みはMy docomoからオンライン上で行えば、修理代を10%割引くことができます。
My docomo 補償(配送による交換電話機のお届け)のお手続きページ

10%割引は結構大きいので、なるべくMy docomoから申し込むことをおすすめします。

・保証(補償)に加入していないiPhoneの修理代

AppleCare+ for iPhoneやケータイ補償サービスに加入していない場合、残念ながら修理代はかなり高額になってしまいます。

画面の修理代(税別)
iPhone XS Max、iPhone 11 Pro Max 35,800円
iPhone XS、iPhone X、iPhone 11 Pro 30,400円
iPhone XR、iPhone 11 21,800円
iPhone 8 Plus、iPhone 7 Plus、iPhone 6s Plus 18,400円
iPhone 8、iPhone 7、iPhone 6s、iPhone 6 Plus 16,400円
iPhone 6、iPhone SE、iPhone 5s、iPhone 5c 13,800円

この表はApple公式での修理代ですが、最新機種や画面サイズの大きいiPhoneの修理代はなかなかエグい金額です・・・。

機種変更するよりはさすがに安く済みますが、次回以降の機種変更時にはAppleCare+ for iPhoneかケータイ補償サービスに加入するようにしましょう。

スポンサーリンク

docomoのAndroidスマホの画面が割れた時の修理代

修理代(税別) 修理方法
ケータイ補償サービス(修理) 最大3,000円 修理
ケータイ補償サービス(交換) 5,000円~11,000円 交換
何も加入していない 最大39,300円程度 修理

docomoのAndroidスマホの画面が割れた時の修理代は、ケータイ補償サービスに加入しているかどうかによって料金が大きく異なります。
※iPhoneの場合[docomoのiPhoneの画面が割れた時の修理代]

・ケータイ補償サービスに加入していれば3,000円以下でAndroidスマホの割れた画面を治せる!!

docomoでAndroidスマホを購入した際に「ケータイ補償サービス」に加入していれば、割れた画面を3,000円以下で修理することができます。

割れた画面の修理はドコモショップでも申し込みできますが、My docomoからオンライン上で行えば、修理代を10%割引くことができるのでおすすめです。
オンラインで修理を申し込む – My docomo

修理には1~2週間かかる場合がありますが、docomoなら代替機を借りることができるのでさほど問題にならないと思います。

・画面以外もボロボロの場合はケータイ補償サービスの「交換」を利用しよう!!

docomoでAndroidスマホを購入した際に「ケータイ補償サービス」に加入していれば、修理ではなく交換という選択も可能です。

こちらもMy docomoからオンライン上で行えば、修理代を10%割引くことができます。
オンラインで交換電話機を申し込む – My docomo

修理代は5,000円~11,000円とそれなりにかかってしまいますが、新品同様のスマホに交換できるのは大きいです。

落としたりして画面が割れたAndroidスマホは、画面以外も傷ついている場合が多いですから、状態次第では「交換」も検討してみてください。

・ケータイ補償サービスに加入していない場合は機種変更も視野に検討しよう!!

ケータイ補償サービスに加入していないdocomoのAndroidスマホの割れた画面を修理する場合、修理代は最大39,300円程度とかなり高額になってしまいます。

画面の修理代に何万も払うのはアホらしいので、個人的には機種変更を検討するのもアリだと思っています。

少し前のAndroidスマホなら比較的安く機種変更できるので、一度ラインナップを見てみてください。
docomoオンラインショップ

もし機種変更する場合には、同じ失敗を繰り返さない為にケータイ補償サービスに加入する事を強くおすすめします。

まとめ:docomoの修理代はスマホ購入時に保証(補償)に加入しているかが鍵!!

docomoのスマホの画面が割れた場合の修理代は、保証(補償)サービスに加入しているかどうかが鍵になります。

iPhoneなら「AppleCare+ for iPhone」「ケータイ補償サービス」、Androidスマホなら「ケータイ補償サービス」ですね。

これらのサービスに加入しているスマホであれば、修理するにしても交換するにしても安く済みます。

しかし、何も加入していないdocomoのスマホの画面が割れてしまった場合、修理代はかなり高額になってしまう事を覚悟しなければいけません・・・。

・ガラスフィルムだけが割れてる可能性もあるかも!?

スマホにガラスフィルムを貼っている場合、見た目はバッキバキでもガラスフィルムだけ割れていて画面は無傷という可能性があります。

以下の記事で、スマホのガラスフィルムの剥がし方を紹介しています。
スマホの割れたガラスフィルムの剥がし方と傷つけないツール

スマホにガラスフィルムを貼っている場合には、まずは冷静にフィルムを剥がして状況を確認してから対処するようにしましょう。


スポンサーリンク