「センシティブな内容が含まれている可能性のあるツイートです」「この画像/動画はセンシティブな内容を含んでいる可能性があります」

Twitterのタイムラインなどでこのように表示されて見れないツイートって、内容が気になりますよね?

そこで今回は、Twitterでセンシティブな内容のツイートを見る方法を解説していきます。

また、センシティブな内容を見たくない場合に非表示にする方法と、自分のツイートがセンシティブになってしまう場合の解除方法もあわせて紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

こんな記事も書いてます

Twitterの「センシティブな内容」が見たい!表示する方法

Twitterでセンシティブな内容のツイートを見る方法
※画像はiPhone版Twitterアプリでの表示。

Twitterでセンシティブな内容となってしまうツイートを見れるようにする方法は、iPhoneとAndroidスマホで手順が異なります。

  • iPhone → ブラウザ版Twitterから設定を変更する
  • Android → Twitterアプリから設定を変更する

以下よりそれぞれ解説していくので、必要な方を参考に設定を変更してください。

・iPhoneでセンシティブな内容を見る方法

※Androidの設定方法は[Androidでセンシティブな内容を見る方法]

iPhoneでは、Twitterアプリ上からセンシティブな内容を見れるように設定を変更することができません。

以下、ブラウザ版Twitterから設定を変更していきます。

iPhoneでセンシティブな内容を見る方法1

iPhoneのTwitterアプリで「センシティブな内容が含まれている可能性のあるツイートです」と表示されるツイートをタップすると「設定を変更」というリンクが表示されています。

このリンクをタップして、ブラウザ版Twitterの「プライバシーとセキュリティ設定」を開きましょう。※以下のリンクからも飛べます。
ブラウザ版Twitterの「プライバシーとセキュリティ設定」を開く
※Twitterアプリが起動してしまう場合、上記リンクを長押しして「新規タブで開く」から開いてください。

iPhoneでセンシティブな内容を見る方法2

ログイン画面が表示された場合には、ユーザー名(@〇〇〇)とパスワードを入力してログインしてください。

iPhoneでセンシティブな内容を見る方法3

「センシティブな内容を含む可能性のある画像/動画を表示する」にチェックを入れればOKです。

ちなみに、初めてブラウザ版Twitterにログインした場合はメニューが英語表記になっているので・・・

iPhoneでセンシティブな内容を見る方法4

英語表記の場合は「Display media that may contain sensitive content」にチェックを入れればOKです。
英語表記のブラウザ版Twitterを日本語に直す方法

以上の手順で、iPhoneのTwitterアプリでセンシティブな内容を見れるように設定を変更することができます。

設定を変更した後に「保存」などをタップする必要はないので、チェックを入れたらそのままブラウザを閉じてしまって大丈夫です。

・Androidでセンシティブな内容を見る方法

※iPhoneの設定方法は[iPhoneでセンシティブな内容を見る方法]

Androidでセンシティブな内容を見る方法

AndroidのTwitterアプリで「この画像/動画はセンシティブな内容を含んでいる可能性があります」と表示されるツイートをタップすると、

  • 表示する
  • センシティブな画像/動画を表示

この2つの選択肢が表示されます。

「表示する」→ 当該ツイートのセンシティブな内容を見ることができる。
「センシティブな画像/動画を表示」→ 今後もセンシティブな内容を見れるように設定を変更できる。

それぞれ役割はこのようになっているので、好きな方を選んでタップしてください。

ちなみに、Android版Twitterアプリでは、設定からもセンシティブな内容を表示するように変更することができます。

Androidでセンシティブな内容を見る方法1

Twitterアプリのホーム画面から、左上の自分のアイコンをタップ。

Androidでセンシティブな内容を見る方法2

「設定とプライバシー」を選択。

Androidでセンシティブな内容を見る方法3

「プライバシーとセキュリティ」を選択。

Androidでセンシティブな内容を見る方法4

「センシティブな内容を含む可能性のある画像/動画を表示する」のタブをオンにすればOKです。

以上の手順で、AndroidスマホのTwitterアプリでセンシティブな内容を見れるように設定を変更することができます。

Twitterの「センシティブな内容」は見たくない!非表示にする方法

Twitterの「センシティブな内容」は見たくない!非表示にする方法

たとえば暴力的な画像など、不快なツイートは見たくないという人も多いと思います。

ここからは、Twitterのセンシティブな内容を非表示にする方法を紹介していきます。

上記で紹介したセンシティブな内容を見る方法の逆パターンの設定をするだけでOKなので、とても簡単ですよ。

・iPhoneでセンシティブな内容を非表示にする方法

※Androidの設定方法は[Androidでセンシティブな内容を非表示にする方法]

ブラウザ版Twitterにログイン

ブラウザ版Twitterの「プライバシーとセキュリティ設定」ページを開き、ユーザー名(@〇〇〇)とパスワードを入力してログインします。

iPhoneでセンシティブな内容を非表示にする方法1

「センシティブな内容を含む可能性のある画像/動画を表示する」のチェックを外せばOKです。

ちなみに、こちらも初めてブラウザ版Twitterにログインした場合はメニューが英語表記になっているので・・・

iPhoneでセンシティブな内容を非表示にする方法2

英語表記の場合は「Display media that may contain sensitive content」のチェックを外せばOKです。
英語表記のブラウザ版Twitterを日本語に直す方法

以上の手順で、iPhoneのTwitterアプリでセンシティブな内容を非表示にすることができます。

こちらも設定を変更した後に「保存」などを選択する必要はないので、チェックを入れたらそのままブラウザを閉じてしまって大丈夫です。

・Androidでセンシティブな内容を非表示にする方法

※iPhoneの設定方法は[iPhoneでセンシティブな内容を非表示にする方法]

続いて、Androidスマホの場合には・・・

Androidでセンシティブな内容を非表示にする方法

Twitterアプリのホーム画面から、

左上の自分のアイコンをタップ →「設定とプライバシー」→「プライバシーとセキュリティ」→「センシティブな内容を含む可能性のある画像/動画を表示する」のタブをオフにすればOKです。

この手順で、AndroidスマホのTwitterアプリでセンシティブな内容を非表示にすることができます。

自分のツイートにかかっているセンシティブ設定を解除する方法

自分のツイートのセンシティブ設定を解除する方法

ここまでTwitterでセンシティブな内容のツイートを見る方法を紹介してきましたが、逆に自分のツイートがセンシティブな内容になってしまっている場合もありえますよね。

「お前のツイート、センシティブな内容になってて見れないんだけど!」

・・・なんて言われてしまった場合、あなたのTwitterアカウントは設定がおかしくなっています。

以下の手順で、自分のツイートにかかっているセンシティブ設定を解除しておきましょう。
※手順はiPhone/Androidスマホで共通となっています。

自分のツイートのセンシティブ設定を解除する方法1

Twitterのホーム画面から、左上の自分のアイコンをタップ。

自分のツイートのセンシティブ設定を解除する方法2

「設定とプライバシー」を開く。

自分のツイートのセンシティブ設定を解除する方法3

「プライバシーとセキュリティ」を開く。

自分のツイートのセンシティブ設定を解除する方法4

「ツイートする画像/動画をセンシティブな内容を含むものとして設定する」のタブをオフにすればOKです。

この手順で、自分のツイートにかかっているセンシティブ設定を解除することができます。

・自分のツイートが「センシティブな内容」になる原因は?

そもそも、設定した覚えがないのに「ツイートする画像/動画をセンシティブな内容を含むものとして設定する」がなぜかオンになっていた・・・なんて人もいると思います。

その原因は、残念ながら「誰かに報告(通報)されて設定が変更されてしまった」からなんです。

Twitterには、不適切な内容が含まれているツイートを報告(通報)する機能が備わっています。

ツイートにセンシティブな画像/動画が含まれていることが報告された場合、Twitterが報告されたツイートを確認します。その画像/動画がアップロード時にセンシティブな内容を含む可能性があるものとして設定されていなかった場合、Twitterは次の対応を取ります。

センシティブな内容を含む可能性がある画像/動画としてラベル付けします。ライブ放送の場合は、コンテンツ全体を削除します。
今後のツイートにもセンシティブな内容が含まれると想定し、アカウントの設定を [ツイートする画像/動画をセンシティブな内容を含むものとして設定する] に変更する場合があります。

画像/動画の表示設定 – Twitterヘルプセンター

報告されたツイートをTwitter側が確認し、ツイートの画像/動画にセンシティブな内容(暴力やアダルトなど)が含まれていると判断された場合には、ツイートにラベル付けが行われ、一部ユーザーに表示されなくなります。

この際に「センシティブな内容を投稿する人」と認定されてしまった場合、セキュリティ設定を勝手に変更されてしまう場合があるんです。

Twitterに認定され、設定が変更されてしまう基準は不明ですが、悪質な場合はアカウント凍結などの処理が行われます。

とは言え、もし設定が変更されてしまったとしても、先ほどの手順で元に戻すことができるので、悪質なツイート(後述)をしている自覚がない場合には、あまり深く考えず設定を変更してしまいましょう。

・そもそもTwitterのセンシティブとは?

そもそもTwitterのセンシティブって基準があいまいなので、具体的にどういったものが該当するのかよくわからないですよね。

Twitterで「センシティブな内容」になる基準について、公式のヘルプでは以下5つに該当する画像/動画がそれにあたると記載されています。

  • 写実的な暴力描写
  • 成人向けコンテンツ
  • 強姦及び性的暴行に関するコンテンツ
  • グロテスクなコンテンツ
  • ヘイト表現を伴う画像

・・・どれも明らかにアウトなものばかりですw

これらに該当する画像や動画をアップしてしまうと、センシティブな内容になってしまうだけでなく、最悪Twitterアカウントを凍結されてしまう危険性もあるので、際どい画像/動画を投稿する際には十分に注意しましょう。

センシティブな内容になる画像/動画についてはTwitterヘルプセンターでかなり詳しく書かれているので、一度目を通しておいてください。
センシティブな画像/動画に関するポリシー – Twitterヘルプセンター

この記事のまとめ

Twitterでセンシティブな内容のツイートをみたい場合、iPhoneの場合はブラウザ版Twitterから、Androidスマホの場合はアプリ内から「プライバシーとセキュリティ」の設定を変更すると見ることができるようになります。

センシティブな内容を表示する設定はいつでもオン/オフを切り替える事ができるので、逆にセンシティブな内容を見たくない場合には、この設定をオフにしておけばOKです。

また、なかなか気づきにくいですが自分のツイートがセンシティブな内容になってしまっている場合にも、「プライバシーとセキュリティ」の設定から解除することができるようになっています。

自分のツイートにかかっているセンシティブ設定を解除する方法に関しては、iPhone/AndroidともにTwitterアプリ上から設定を変更できるので簡単です。

ABのひとこと
iPhone版のTwitterアプリは色々と変更できなくて面倒なんだよね。。