Googleの新機種「Google Pixel 4」が発売されましたが、国内キャリアではSoftBankしか取り扱いがなく、docomo/auでは発売されていません。

では、docomo/auを使っている人がdocomo回線/au回線でGoogle Pixel 4を使いたい場合にはどうすれば良いのでしょうか?

  • Google StoreでSIMフリー版を買って使う
  • SoftBank版を買ってSIMロック解除して使う

方法はこの2つです。

この記事では、Google Pixel 4を買いたいと思っているdocomo/auユーザー向けに、どちらで買えばいいのか?という疑問を解消します。

スポンサーリンク

こんな記事も書いてます

スポンサーリンク

Google Pixel 4をdocomo回線/au回線で使いたい!!

Google Pixel 4をdocomo回線/au回線で使いたい場合には・・・

  • Google Store(オンライン)
  • SoftBank取扱店(店舗)

この2つのどちらかで、Google Pixel 4の端末のみを購入する必要があります。

Google StoreとSoftBank、どちらで購入すべきかは人によって異なります。

まずは、以下の表を見てみてください。

Google Store SoftBank
価格(税込) 89,980円~ 90,840円~(SIMロック解除費用込み)
分割払い 不可 可能
購入場所 オンライン 店舗のみ
SIMロック解除 不要 必要

パッと見ただけでも結構違いがありますよね。

以下より、それぞれ詳しく解説していくので、自分にあった方を選んでください。

スポンサーリンク

・価格はGoogle Storeの方が少し安いが、ほぼ変わらない!!

まず価格に関してですが、最低価格(Google Pixel 4の64GB)で比較するとGoogle Storeの方が1,000円ほど安いです。

SoftBankのGoogle Pixel 4(64GB)は税込87,840円ですが、docomoやauの回線で使うにはSIMロック解除が必要(後述)で別途3,000円かかってしまうため、SoftBank版の方がやや高くなっています。

それぞれ別途キャンペーンなどもあるので、価格に関してはとりあえず、大きな違いはないと考えてOKです。

どちらが自分に合っているか考えていくには、価格以外の部分を重視することをおすすめします。

・SoftBank版なら分割払いで購入できる!!

Google Pixel 4は一番安いモデルでも9万円近くするので、一括払いは正直キツいですよね。

Google Storeは分割払いに対応していませんが、SoftBank版なら24回or48回の分割払いに対応しています。

ここは結構大きいポイントなのではないでしょうか。

ただ、SoftBankで分割払いする際に注意しなければいけないのが「即SIMロック解除できる条件」です。

回線なしで製品のみ購入およびソフトバンク回線解約済みのお客さま向けの対応について(2019年10月1日以降)
クレジットカードのお支払いで製品を購入されたお客さまは、製品購入から100日経過前にSIMロック解除が可能です(ソフトバンクショップのみ)。

ソフトバンクの携帯電話を他社で使用する/SIMロック解除 – SoftBankサポート

SoftBankの回線契約なしで端末のみ購入した場合、購入直後に即SIMロック解除できるのは一括払いor支払方法にクレジットカードを設定した分割払いのみです。

一括払いならGoogle Storeの方がいいので、SoftBank版のGoogle Pixel 4を一括払いで購入するメリットはありません。

逆に、分割払いで買いたい&支払方法がクレジットカードが良い場合には、SoftBank版に大きなメリットとなります。

・SoftBankオンラインショップで端末のみの購入はできない!!

2019年10月31日現在、SoftBankで回線契約せずGoogle Pixel 4の端末のみを購入できるのは店舗のみとなっています。

端末のみをオンラインで購入することはできないので、わざわざ店舗に行かなければいけないのが少し面倒ですね。

ちなみに、端末のみの販売は全国のSoftBankショップだけでなく、SoftBankのスマホを扱っている家電量販店などでも対応しています。

在庫がないと予約になってしまうので、購入する場合はお近くのSoftBankショップor家電量販店に問い合わせて、在庫を確認してから来店するようにしましょう。

・Google Storeで購入すればSIMロック解除の手続きが不要!!

Google Storeで購入できるGoogle Pixel 4はSIMフリー端末となっており、何か手続きをしなくてもすべてのキャリアや格安SIMのですぐに使えるようになっています。

一方、SoftBank版のGoogle Pixel 4はSIMロックがかかっているので、docomoやauなどで使用したい場合にはSIMロック解除の手続きが必要になります。

SIMロック解除の手続き自体はとても簡単なのですが、2019年10月31日現在、SoftBankの回線契約なしで購入した端末はソフトバンクショップでしかSIMロック解除の手続きができないようになっています。

オンライン手続きできれば無料ですが、店舗では手数料が3,000円もかかってしまうので、ここはちょっともったいないポイントです。

まとめ:一括払いでいいならGoogle Store。分割払いしたいならSoftBank版を買おう!!

docomo/auを使っている人がdocomo回線/au回線でGoogle Pixel 4を使いたい場合には・・・

  • Google StoreでSIMフリー版を買って使う
  • SoftBank版を買ってSIMロック解除して使う

このどちらかの方法で、Google Pixel 4の端末を入手する必要があります。

価格的にはどちらも大差ないので、一括払いで良ければ面倒な手続きが不要なGoogle Storeがおすすめ。

逆に分割払いで買いたい場合には、SIMロック解除の手続きなどがやや面倒ですがSoftBankショップや家電量販店でSoftBank版を購入するのがおすすめです。

ABのひとこと
SoftBank、端末だけ購入の客を「トクするサポート」で4年縛れたらウマいね。

スポンサーリンク