iPhoneで記事を保存して後からオフラインで読む方法

iPhone / iPad

【アプリ不要!!】iPhoneで記事を保存して後からオフラインで読む方法

投稿日:

iPhoneの標準ブラウザ「Safari」の機能を使って、記事を保存して、後からオフラインで読めるようにする方法を紹介します。

この記事でお伝えする方法は、標準ブラウザを使うため、新たにアプリをインストールする必要はありません。

たとえば、飛行機での移動中など、ネット環境が使えない時にとても便利なので、iPhoneユーザーはぜひ覚えておきましょう。

スポンサーリンク

iPhoneで記事を保存して後からオフラインで読む方法

まずは、iPhoneの標準ブラウザ「Safari」で、保存したい記事を開きましょう。

iPhoneで記事を保存して後からオフラインで読む方法1

iPhoneで記事を保存して後からオフラインで読む方法2

画面下の[共有メニュー]から、[リーディングリストに追加]を選択すると、リーディングリストに記事が追加され、自動的に保存されます。

リーディングリストに保存した記事の一覧を表示するには、

iPhoneで記事を保存して後からオフラインで読む方法3

iPhoneで記事を保存して後からオフラインで読む方法4

Safari画面下の[ブックマークボタン]から、[メガネのアイコン]を選択しましょう。

iPhoneで記事を保存して後からオフラインで読む方法5

また、リーディングリスト画面右下の[未読のみ表示]ボタンで、「すべての記事/未読の記事」という風に、表示を切り替えることも可能です。

Safariのリーディングリストが、ブックマークと大きく異なるのは、「追加した記事をオフラインでも読める」という点です。

iPhoneで記事を保存して後からオフラインで読む方法6

「後で読みたいけどめんどくさい長文記事」などを、Wi-Fi環境下にてリーディングリストに突っ込んでおけば、電車での移動中などに、データ通信を使わずに読むことができます。

また、冒頭でもお伝えしたように、ネット環境が一切使えない状況でも記事を読むことが可能になるので、飛行機内での情報収集/暇つぶしにはもってこいの機能となっています。

スポンサーリンク

Safariの「リーディングリスト」を削除する方法

リーディングリストに記事が溜まってごちゃごちゃしてきたら、不要な記事を削除しておきましょう。

Safariの「リーディングリスト」を削除する方法

Safariのリーディングリストから、「削除したい記事を右から左にスワイプ」し、[削除]を選択すると、一覧から記事を削除することができます。

・リーディングリストの「キャッシュ」を一括削除する

Safariのリーディングリストは、記事を端末に保存(キャッシュ)するため、記事が溜まってくると、端末の容量を圧迫してしまいます。

よって、読み終わって不要な記事が溜まってきたら、定期的に「キャッシュ」を削除しておくと良いでしょう。

リーディングリストの「キャッシュ」を一括削除する1

iPhoneの設定から、[一般] → [ストレージとiCloudの使用状況] → [ストレージを管理] → [Safari]と進み、右上の[編集]を選択。

リーディングリストの「キャッシュ」を一括削除する2

リーディングリスト横のアイコンをタップし、[削除]を選択すると、リーディングリストのキャッシュを一括で削除することができます。

この記事のまとめ

iPhoneの標準ブラウザ「Safari」「リーディングリスト」機能を使えば、記事を保存して、後からオフラインで読むことが可能です。

また、リーディングリストが溜まってくると、端末の容量を圧迫してしまうので、定期的に「キャッシュ」を一括削除しておくと良いでしょう。

ABのひとこと
iPhoneは脱獄しないと標準ブラウザを変更できないから、Safariを使いこなせるようになろうぜ!!
スポンサーリンク


-iPhone / iPad

Copyright© BumBullBee.com(バンブルビー) , 2017 All Rights Reserved.