Fire TV StickでAmazonプライムビデオやHuluなどを利用している時に、動画が途中で止まったり途切れたりしてイライラしていませんか?

この記事では、Fire TV Stickで動画が止まる・途切れる2つの原因と3つの対処法をお伝えしていきます。

動画が止まる / 途切れる / フリーズする・・・などの症状に悩まされている人は、ぜひ参考にしてください。

こんな記事も書いてます

Fire TV Stickで動画が止まる・途切れる2つの原因とは?

Fire TV Stickで動画が止まる・途切れる場合に考えられる原因は、主に以下の2つです。

  1. Fire TV Stickの不具合
  2. 単純に通信速度が遅い

以下より、Fire TV Stickの不具合への対処法はもちろん、単純な通信速度に関する対策についてもお伝えしていきます。

Fire TV Stickで動画が止まる・途切れる場合に有効な3つの対処法

Fire TV Stickで動画が止まる・途切れる場合に試すべき3つの対処法は以下の通りです。

  1. 最新のバージョンにアップデートする
  2. 再起動を試す
  3. 新型のFire TV Stickに買い替える

上から順に確認・対処していき、Fire TV Stickの不具合を解消していきましょう。

1.Fire TV Stickを最新のバージョンにアップデートする

アップデート方法

Fire TVのホーム画面から「設定」→「端末」→「バージョン情報」→「アップデートをチェック」と進み、アップデートがあればアップデートする。

スマホやPCでもそうですが、端末を最新のバージョンにアップデートしていないと不具合は起こりやすいものです。

Fire TV Stickは基本的に自動で最新のバージョンにアップデートされるものですが、まずはこちらを確認しておきましょう。

2.Fire TV Stickを再起動する

再起動の方法

Fire TV Stickのリモコンの、「再生/停止ボタン」と「決定ボタン(○)を同時長押し。

もしくはFire TVのホーム画面から、「設定」→「端末」→「再起動」と進み、再起動する。

Fire TV Stickで起こる不具合は、そのほとんどが端末を再起動することで治ります。

メニューから再起動するよりもリモコンの同時長押しの方が早いので、この方法はぜひ覚えておいてください。

3.新型のFire TV Stickに買い替える

Fire TV Stickは2017年4月6日に新型(第2世代)が発売されましたが、初代からスペックが大幅にパワーアップしています。

  • CPUが2コア → 4コアに進化
  • 高速通信規格「IEEE 802.11ac」に対応

旧型と大きく異なるのは上記の2点です。

CPUや通信規格やらとなんだかややこしく感じるかもしれませんが、

  • CPUの進化により動作が快適・サクサク
  • 最大通信速度が大幅に向上

ザックリ言うとこんな感じですね。

最近のWi-Fiルーターはそんなに高いものじゃなくても、大抵のものが高速通信規格「IEEE 802.11ac」に対応しています。

家のWi-Fiに接続したスマホの通信速度は速いのに、Fire TV Stickの動画が止まる・途切れるという風に感じる人は、旧型のFire TV StickのせいでWi-Fiの通信速度を活かせていない可能性大です。

動画の再生だけでなく、CPUの進化により新型のFire TV Stickは全体的な動作もかなり快適になっているので、旧型を使っている人はぜひ買い替えを検討してみてください。

ちなみに2019年12月現在、Amazon公式で旧型(第1世代)の取り扱いはなく、すべて新型(第2世代 or 4K)のFire TV Stickとなっています。

購入履歴を確認し、Fire TV Stickを2017年4月5日以前に購入していたらそれは旧型なので、この機会に快適な新型に乗り換えてみるのはいかがでしょうか。