【高速化】Windows 10の起動を限界まで早くする2つの設定方法

Windows 10

【高速化】Windows 10の起動時間を早くする2つの設定方法

投稿日:

日々使うパソコンの起動時間は、少しでも早い方が良いに決まってます。

そこで今回は、「Windows 10の起動時間を早くする2つの設定方法」を紹介します。

Windows 10の起動時間を限界まで高速化し、日々のストレスを軽減しましょう。

スポンサーリンク

Windows 10の起動時間を早くする2つの設定方法

  1. 「GUIブート」を無効にする
  2. 「ログイン画面(パスワード入力画面)」を省略する

Windows 10では、この2つの設定を変更するだけで、起動時間を大幅に高速化することができます。

ちなみに、パソコンと同時に起動する常駐ソフトを無効にしたり、空き容量を確保したりといった対策はもちろん有効です。

しかし、今回お伝えする2つの設定は、手軽に変更できる上になかなかの効果が期待できるため、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

1.「GUIブート」を無効にする

まずは、特にデメリットもなく、若干ですがWindows 10の起動時間を早くすることができる「GUIブートを無効にする設定方法」を解説します。

「GUIブート」を無効にする1

ファイル名を指定して実行(キー + R)を開き、「msconfig」と入力します。

「GUIブート」を無効にする2

「GUIブートなし」にチェックを入れて、[OK]を選択します。

「GUIブート」を無効にする3

指示に従ってWindows 10を再起動すれば、「GUIブート」を無効にする設定は完了です。

GUIブートを無効にすると、起動中に表示されるOSのロゴなどが非表示になり、若干ではありますが、Windows 10の起動時間を早くすることができます。

2.「ログイン画面(パスワード入力画面)」を省略する

続いて、セキュリティ面でやや不安が残るものの、Windows 10の起動時間を大幅に高速化できる「ログイン画面(パスワード入力画面)を省略する設定方法」を解説します。

「ログイン画面(パスワード入力画面)」を省略する1

ファイル名を指定して実行(キー + R)を開き、「netplwiz」と入力します。

「ログイン画面(パスワード入力画面)」を省略する2

「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」のチェックを外し、[OK]を選択します。

「ログイン画面(パスワード入力画面)」を省略する3

ユーザー名とパスワードを入力して[OK]を選択すれば、「ログイン画面(パスワード入力画面)」を省略する設定は完了です。

ログイン画面を省略すると、Windows 10の起動時間をかなり早くすることができますが、起動時のパスワード入力を省略するため、セキュリティ面で不安が残ります。

自宅のみで使うパソコンであればあまり問題ありませんが、持ち運び用途のノートパソコンの場合には、この設定の変更は、慎重に行うようにしてくださいね。

この記事のまとめ

Windows 10では、

  • 「GUIブート」を無効にする
  • 「ログイン画面(パスワード入力画面)」を省略する

この2つの設定を変更するだけで、起動時間を大幅に早くするすることができます。

手軽に変更できる設定なので、起動時間を限界まで早くしたいという人は、ぜひ試してみてくださいね。

ABのひとこと
起動時間は1秒でも早い方がイイ!!
スポンサーリンク


-Windows 10

Copyright© BumBullBee.com(バンブルビー) , 2017 AllRights Reserved.