Windows 10の「完全シャットダウン」でムダな電気代を抑えるべし!!

Windows10

Windows 10の「完全シャットダウン」でムダな電気代を抑えるべし!!

投稿日:

Windows 10のパソコンは、「シャットダウンしても、実は完全にはシャットダウンできていない」という事を、ご存知でしょうか?

Windows 10では、次回の起動時間を短縮するために、シャットダウン状態でも、じわじわと電気(ノートパソコンの場合はバッテリー)を使い続けてしまっています。

しばらくパソコンを使う予定がない場合には、この記事でお伝えする「完全シャットダウン」を実行して、無駄な電気代を抑えるようにしましょう。

スポンサーリンク

Windows 10を「完全シャットダウン」する方法

Windows 10には、「高速スタートアップ」という機能が搭載されています。

この機能は標準で有効となっており、これによって、パソコンの起動時間を短縮することができています。

しかし、高速スタートアップを実現するために、パソコンをシャットダウンした状態でも、常に、じわじわと電気を使い続けてしまっているのです。

これからお伝えする方法で、Windows 10を「完全シャットダウン」すれば、高速スタートアップのために使用されている、シャットダウン時のムダな電気(バッテリー)の消費を抑えることができます。

Windows 10を「完全シャットダウン」する方法1

まずは、[Windowsアイコン] → [電源]と進み、「Shift」キーを押しながら[再起動]を選択します。

Windows 10を「完全シャットダウン」する方法2

オプションの選択画面から、[PCの電源を切る]を選択すると、Windows 10を完全シャットダウンすることができます。

完全シャットダウンを実行すると、高速スタートアップ機能が適用されなくなるため、次回の起動はやや遅くなります。

しかし、しばらくパソコンを使う予定がない場合には、ムダな電気の消費を抑えられるメリットの方が大きいため、完全シャットダウンをおすすめします。

スポンサーリンク

「高速スタートアップ」をオフにして常に「完全シャットダウン」する設定方法

Windows 10のパソコンを、そもそもたまにしか使わないという人は、「高速スタートアップ」をオフにして、常に「完全シャットダウン」するように設定しておくと良いでしょう。

すべての設定

通知領域の[通知アイコン]からアクションセンターを開き、[すべての設定]を選択。

システム

[システム]を選択します。

「高速スタートアップ」をオフにして常に「完全シャットダウン」する設定方法1

[電源とスリープ]から、関連設定の[電源の追加設定]を選択。

「高速スタートアップ」をオフにして常に「完全シャットダウン」する設定方法2

[電源ボタンの動作の選択]を選択します。

「高速スタートアップ」をオフにして常に「完全シャットダウン」する設定方法3

[現在利用可能ではない設定を変更します]を選択してから、「高速スタートアップを有効にする(推奨)」のチェックを外しましょう。

すると、高速スタートアップをオフにして、常に「完全シャットダウン」するように設定できます。

この記事のまとめ

Windows 10では、「高速スタートアップ」という機能が標準で有効になっており、この機能を適用するために、シャットダウンした状態でも、若干ながら常に電気(バッテリー)を消費し続けてしまっています。

この無駄な電気の消費を抑えるためには、「Shift」キーを押しながら[再起動] → [PCの電源を切る]と選択し、パソコンを「完全シャットダウン」しましょう。

また、たまにしかパソコンを使わないという人は、高速スタートアップをオフにして、常に完全シャットダウンするように設定しておくと良いでしょう。

ABのひとこと
Windows 10はたしかに起動が速いけど、裏で電気が犠牲になってたのね・・・。
スポンサーリンク


-Windows10

Copyright© BumBullBee.com(バンブルビー) , 2017 AllRights Reserved.