格安SIM

【なぜ安い?】通話料半額の楽天でんわのメリット/デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
楽天でんわの仕組み

なぜ、楽天でんわは無料で使えるのに、スマホの通話料を半額にすることができるのでしょうか?

あまりにお得すぎてなんだか怪しいので、通話料金が安い理由を調べ上げて、簡単にまとめました。

また、楽天でんわのメリット・デメリットも、あわせてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

楽天でんわの通話料が安い2つの理由

スマホの国内通話の基本料金は「20円/30秒」ですが、この料金の中には、通話相手が利用している電話会社へ支払う「接続料金」が含まれています。

つまり、あなたが支払った通話料金から接続料金を引いた金額が、契約している電話会社の利益になります。

接続料金はおおむね「2円~3円/30秒」となっているため、実際には「17円~18円/30秒」が、あなたが契約している電話会社へ入るという仕組みですね。

そこで、

「ウチを通して通話してくれれば、もっと料金を安くするよ~!!」

というサービスを始めたのが「楽天でんわ」です。

楽天でんわは電話番号を登録するだけで使えるようになりますが、通話料金を通常の「20円/30秒」から、半額の「10円/30秒」まで安くすることができます。

なぜ、ここまで安くできるのでしょうか?それには2つの理由があります。

スポンサーリンク

1.コストを削減しているから

実は、楽天でんわは主要キャリア(Docomo/au/Softbank)と違い、音声電話の設備を持っていません。

楽天でんわが持っているのは音声電話を中継する設備のみで、キャリアなどの音声通話の設備の間に割って入る形になっています。

音声通話の設備に、どれくらいの費用や維持費がかかっているのかは不明ですが、このコストを削ることで、通話料金を安くできるという仕組みですね。

たとえば、DocomoのスマホからSoftbankのスマホを使っている相手に電話をかけた場合、

あなた → Docomo → Softbank → 相手

となり、Docomoからあなたに通話料金の請求がくる形です。

この例で、楽天でんわを使って電話をかけた場合、

あなた → Docomo → 楽天でんわ → Softbank → 相手

このようになり、楽天でんわからあなたに通話料金の請求がくる形に変わります。

基本的に、どんな商売でも間に挟む業者が増えれば増えるほど、消費者が負担する料金は高くなるものですよね?

しかし、楽天でんわの場合は高くなるどころか、逆に大幅に安くなっています。

その理由は、楽天でんわが薄利でサービスを提供してくれているからに他なりません。

2.薄利でサービスを提供しているから

先ほど、通話料金の中には接続料金が含まれており、実際に電話会社に入る金額は、「17円~18円/30秒」程度であるとお伝えしました。

これだけ見ると、楽天でんわのように「10円/30秒」という通話料金に設定しても、「7円~8円/30秒」程度の利益は出るので、悪くない商売のようにも思えます。

しかし、楽天でんわは電話会社の間に割って入ったことで、電話をかける側と受ける側の両方に、接続料金を支払わなければいけません。

よって、楽天でんわの利益は「4円~6円/30秒」程度しか出ないのです。

これは、主要キャリアなどに比べると、かなり頑張って安くしてくれていると言えるのではないでしょうか?

ちなみに、ここまで楽天でんわが通話料金を安く設定している理由は、料金を安くすることで、多くの人に使ってもらって利益を出そうという狙いでしょう。

つまり、ザックリとまとめると「楽天でんわはコストを抑えて薄利多売を目指している」といった感じですね。

スポンサーリンク

楽天でんわのメリット/デメリット

楽天でんわの3つのメリット

  • 電話番号そのままで使える
  • 通話料金が安く(半額)になる
  • 楽天スーパーポイントが貯まる

楽天でんわの大きなメリットは、電話番号をそのまま使えるのに、通話料金が安く(半額)になることでしょう。

さらに、楽天スーパーポイントが100円につき1ポイント貯まるというおまけ付きです。

正直、これだけでも使わない理由がないレベルですが、細かい部分で、デメリットもいくつか存在します。

楽天でんわの唯一のデメリット

楽天でんわの唯一のデメリットは、主要キャリアの「家族間の通話無料」などのサービスと被ってしまうと、逆に損してしまう可能性があることです。

たとえば、今契約しているスマホに「家族間の通話無料」のオプションが付いていた場合、家族間の通話料金は当然無料ですが、楽天でんわを使って電話をかけると、通常通り「10円/30秒」の通話料金がかかってしまいます。

とは言え、楽天でんわのアプリでは、楽天でんわの仕組みを使わず、通常の電話を発信することも可能です。

003768をつけずに発信

また、アプリには「あらかじめ登録した相手には楽天でんわの仕組みを使わずに発信する」といった機能もついているので、この設定だけしておけば、うっかり損してしまうこともなくなるでしょう。

この記事のまとめ

楽天でんわの通話料が安い理由は、「コストを抑えて薄利で提供している」からです。

通話料半額・番号そのまま・ポイントも貯まるなど、メリットだらけの上に無料で使える楽天でんわは、特に格安SIMスマホの場合、料金の節約に大きく貢献してくれます。

ただし、主要キャリアなどの通話無料サービスと被ると損になる可能性もあるので、その点にだけは気をつけておきましょう。

ABのひとこと
楽天やるじゃん!!
スポンサーリンク

「格安SIM」の最新記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る