こんにちは。

今回はiPhoneXS、iPhoneXS Max、XR(人物のみ可能)でポートレートモードで写真を撮影後に背景のぼかしなどを編集する方法をご紹介していきます。

また、ポートレートモードではぼかしなどの機能の他に深度コントロール、背景を消すなど面白い機能がたくさんあります。

ポートレートモードを使いこなすためにも覚えておいてください。

スポンサーリンク

こんな記事も書いてます

iPhoneのポートレートモードで写真を撮影後に編集する方法

iPhoneのカメラアプリの機能の1つである「ポートレート」モードですが、XSシリーズ、XRでさらに面白く進化したのは知っている人も多いと思います。

しかし、いざポートレートで写真を撮影したはいいけど編集方法を知らないと言う人は実は多く、そこで今回は写真撮影後の編集方法をわかりやすく解説していきます。

使い方は非常に簡単です。

ポートレートモードで写真を撮影します。撮影する前・後でも調整可能なので編集したいと思っている方は今から紹介する方法を実践してみましょう!!

背景をボカす以外にもライティング機能と言うものもあるのでぜひ覚えてくださいね!

スポンサーリンク

1カメラを起動して「ポートレート」を選択

なんでもいいのでまずはポートレートモードで写真を撮影してください。

ポートレートモードは基本的に背景をぼかしてプロが撮ったような写真を撮影するモードです。

人物でもいいですし、私みたいにモノを撮影してみるものありです。

ただし、XRは人物のみとなっているので注意してください。また、近すぎると「離れてください」と表示されるのでその場合は離れて撮影してみると表示は消えるはずです。

撮影中にポートレートモードを調整したい人

撮影中にポートレートモードを調整したい人は、「ポートレート」モードにしたら右上の「f」マークをタップしてください。

あとは、左右にスライドさせるだけで背景のぼかし(深度変更)を調整することができます。

iPhoneのポートレートモードはライティング効果も5種類の中から選択可能

自然光スタジオ照明輪郭強調照明ステージ照明ステージ照明(モノ)と言うライティング効果も利用することができます。

ライティング効果も撮影後、写真アプリから編集ボタンを押してちょっと待てば後からでも変更が可能です。

2ポートレート撮影後に深度やライティング効果を編集する場合

写真アプリを開いてポートレートで撮影した写真を選択します。

編集ボタンを押すとこんな画面に変わります。

写真は深度(f値)が大きくなれば大きくなるほどハッキリ見える状態に。写真は深度が一番大きい時の状態

  1. 写真アプリを開きます
  2. ポートレートで撮影した写真を選択
  3. 右上の編集ボタンをタップします
  4. 少し待つとポートレート編集が可能になります
  5. あとは左もしくは右にスライドさせると深度をコントロールできます

3ステージ照明は自動的に背景が黒くなる

ちなみにライティング効果も後から変更可能で、写真はモノだったため背景が完全に黒になりませんでした。人物で撮影したものは背景が真っ暗になってまた違った写真になるのでオススメです!

iPhoneXSシリーズとXRのポートレートの違い

XSシリーズとXRのカメラレンズが違うことはご存知ですか?

デュアルレンズがXSシリーズ、シングルレンズがXRになっています。

より高機能はやはりXSシリーズのカメラになり、背景のボケの仕組みが違うのです。

XSシリーズは、光学ズームの広角レンズなのでXRと比較すると良いい仕上がりになります。

iPhoneの進化したポートレートモードで撮影前・撮影後に編集する方法「f値を操作して背景をボカす」まとめ

  • iPhoneXSは人物・モノのポートレートが可能
  • XRのポートレートは人物の撮影限定
  • XS・XRのポートレートモードは撮影前はもちろん、撮影後もポートレート編集が可能
  • 写真アプリからポートレート写真を選択し編集ボタンを押せば編集可能

いかがだったでしょうか?

ポートレートモードがあるのはわかっていたけどあんまりうまく使いこなせていないと言う人もいたと思いますが、調整方法などご理解いただけたでしょうか?

私自身も実際写真をあまり使ってはいませんが、今回皆さんに紹介する前にしっかりと学び使い方を簡単にマスターすることができました。

ぜひ、これからの写真撮影に役立てていただければ嬉しいです^^


スポンサーリンク