LINEの通知は、設定画面から「1時間停止」or「午前8時まで停止」にする事ができますが、自分の都合に合わせて時間を指定する事はできません。

そこでこの記事では、別の方法を使って「iPhoneでLINEの通知を任意の時間指定でオフにする方法」をお伝えします。

僕もそうですが、不規則な生活をしている人にこの方法はマジでおすすめなので、ぜひ参考にしてみてください!!

スポンサーリンク

超簡単!!iPhoneのLINE通知を任意の時間指定でオフにする方法

冒頭でもお伝えした通り、LINEアプリの通知に関する設定画面からは、通知の一時停止を「1時間停止」or「午前8時まで停止」の2種類からしか選択することができません。

都合よく、毎朝8時に起きるという人なら問題ありませんが、そんな人ばかりではないですよね。

なぜ午前8時しか選択できないのか疑問ですが、任意の時間指定で通知をオフにしたい場合には、iPhoneの「おやすみモード」を使いましょう。

おやすみモードを使えば、自分の都合に合わせて任意の時間を指定して、LINEの通知をオフにすることができます。

・iPhoneの「おやすみモード」でLINEの通知を任意の時間指定でオフにする手順

iPhoneのおやすみモードをオンにしている間は、特に何か設定せずともLINEの通知がされない状態になります。

よって、寝る前におやすみモードをオンにして、朝起きた時におやすみモードをオフにするようにしておけば、寝ている間のうるさいLINE通知にイライラする事もなくなります。

※おやすみモードはコントロールセンター(画面下部を上方向にスワイプ)の「月マーク」からオン/オフを切り替える事ができます。

また、iPhoneのおやすみモードは、あらかじめ任意の時間を指定しておいて、自動でオン/オフにする事も可能です。

iPhoneの設定から「おやすみモード」を選択し、「時間指定」のタブをオンにすれば、任意の時間を設定することができます。

まとめ:iPhoneの「おやすみモード」を使えば任意の時間指定でLINE通知をオフにできる!!

LINEアプリの通知の一時停止機能では、「1時間停止」or「午前8時まで停止」しか選択できず、融通が利きません。

寝ている間など、LINEの通知を一時的にオフにしたい場合には、iPhoneに標準搭載されている「おやすみモード」を使うようにしましょう。

おやすみモードは、コントロールセンターから簡単にオン/オフを切り替えることができます。

また、iPhoneの設定画面から任意の時間指定をして自動的にオン/オフを切り替える事も可能なので、自分の都合に合わせて設定してみてください。

ABのひとこと
おやすみモードを使う時は、緊急の連絡に備えて一部の連絡先からの着信だけ許可しておくのがオススメ。