LINEにひっそりと追加された新機能「リプライ」ですが、その使い方どころか、追加されたことにすら気づいていない人が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、LINEの「リプライ」の意味・使い方と通知についてまとめました。

地味ですが、知っておけば使いどころもそれなりにある機能なので、覚えておいて損はありませんよ!!

スポンサーリンク

LINEの「リプライ」はメッセージを”引用返信”できる新機能!!

2018年8月のアップデートでLINEに追加された「リプライ」は、メッセージを”引用返信”できる新機能です。

リプライを使ってメッセージを引用しつつ返信することで、どのメッセージに対して返信しているのかをわかりやすく相手に伝えることができます。

たとえば、グループトークなどで、流れてしまった少し前のメッセージに対してコメントする時などに便利な機能ですね。

Twitterをやっている人は「引用リツイートみたいなことがLINEのトークでできるようになった」と考えると、わかりやすいかもしれません。

スポンサーリンク

LINEの「リプライ」の使い方

LINEのリプライの使い方はとても簡単で、引用したいメッセージを長押して「リプライ」を選択するだけでOKです。

あとはいつも通り、返信したい内容を入力して送信すれば、引用したメッセージを添えて送ることができます。

※リプライの使い方は、iPhone・Androidスマホで共通となっています。

・リプライが「ない・使えない」場合の対処法

リプライは2018年8月2日のアップデートで追加された新機能なので、それ以降にLINEアプリをアップデートしていないと使えません。

リプライがない・使えない場合には、以下よりLINEアプリを最新版にアップデートしてください。

LINEアプリを最新版にアップデートする

・リプライすると相手への「通知」はどうなる?

リプライを使って引用返信でメッセージを送っても、なにか特殊な通知が送られることはなく、通常のメッセージと同様の通知が相手に送られます。

・・・なので、相手がトークの通知をオフにしていた場合、すぐに気づいてもらえません。

リプライのメッセージを相手にすぐに気づいてもらいたい場合には、通知オフの相手にも無理やり通知を送れる「メンション機能(@〇〇)を併用しましょう。

LINEのメンションを使った際の通知パターンについては、以下の記事で検証しています。

【検証】LINEの「メンション」は通知オフの相手にも届くの?

(LINEアプリのすべての通知をオフにしている相手には、さすがに通知を送れないので注意です!!)