LINEのトーク画面で送られてきたリンク(URL)をタップすると、LINEの内部ブラウザでサイトが開いてしまいます。

しかし、LINEの内部ブラウザはかなり使い勝手が悪いので、送られてきたリンクはSafariやChromeなどの外部ブラウザで開くのがオススメです。

  • iPhone → 直接Safariで開くように設定することができる
  • Android → リンクを開いてからChromeに切り替える

iPhoneとAndroidスマホではやり方が異なるので、この記事ではそれぞれ解説していきます。

LINEの内部ブラウザは、他のトークを開いたらページが閉じてしまったり・・・などなど不便すぎるので、ぜひこのやり方を覚えておきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事も書いてます

【iPhone】LINEのリンク(URL)を直接Safariで開くよう設定する方法

iPhone版のLINEアプリでは、新機能をいち早く試せる「LINE Labs」を使って、送られてきたリンクを直接Safariで開くように設定することができます。

設定方法は簡単なので、LINE Labsって何ぞや?という人でも大丈夫。

  1. LINEの「ホーム」画面から左上のメニュー(歯車マーク)を開く
  2. 「LINE Labs」を選択し「リンクをSafariで開く」のタブをオンにする

この手順で、リンクを直接Safariで開くように設定することができます。

・LINE Labsがない or 設定できない場合

LINE Labsで試せる新機能が追加された場合はアップデートが配信され、LINEアプリをアップデートした後に試せるようになります。

LINEアプリを最新版にアップデートする

なのでまずは、上記URLからLINEアプリを最新版にアップデートしてみてください。

LINE Labsがない or 設定できない原因は限定的なので、基本的にはアップデートすれば大丈夫なはずです。

LINEの設定に「LINE Labs」が表示されない3つの原因

スポンサーリンク

【Android】LINEのリンク(URL)をChromeで開く方法

Android版のLINEアプリでは、送られてきたリンクを直接Chromeで開くことができないので、一度リンクを開いてからChromeに切り替えましょう。

LINEで送られてきたリンクを開いたら、

右上のメニュー → 「他のアプリで開く」を選択。

この手順で、開いているサイトをChromeで開く(切り替える)ことができます。

この記事のまとめ

  • iPhone → LINE Labsの「リンクをSafariで開く」をオンにする
  • Android → リンクを開いてから上部メニュー「他のアプリで開く」を選択

iPhoneとAndroidスマホで手順は異なりますが、それぞれ上記のやり方でLINEのリンク(URL)をSafariやChromeで開くことができます。

特にiPhone版LINEアプリの場合、一度設定しておけばずっと、リンクを直接Safariで開けるようになって便利なので、ぜひ設定を変更してみてください。

ABのひとこと
LINE Labsさ、iPhoneだけズルいよねw

スポンサーリンク