LINEアプリは2019年6月のアップデートで、試験的な新機能として「ミニブラウザ」が使えるようになりました。

ミニブラウザを使えばトーク画面のURLから飛んだページを開いたまま返信したりできるので、使ってみると案外便利です。

この記事では、LINEのミニブラウザが使えない原因と対処法をお伝えしています。

なぜか自分だけない・使えないという状況に困っている人は、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

おすすめ記事

LINEのミニブラウザは設定からオンにしないと使えない!!

LINEの新機能「ミニブラウザ」は、LINEアプリの設定からオンにしないと使えません。

  1. LINEアプリを開く
  2. 下部メニューの「ホーム」をタップ
  3. 左上の「歯車マーク(設定)」をタップ
  4. 下部の「LINE Labs」をタップ
  5. 「ミニブラウザを利用」のタブをオンにする

ミニブラウザを使えるようにする手順は、上記の通りです。

・・・上記の手順でミニブラウザを使えない(設定できない)場合、

  • LINEアプリが最新版じゃない
  • iPhoneじゃない

考えられる原因は、上記2つのどちらかです。

・LINEアプリが最新版じゃないと使えない!!

ミニブラウザは2019年6月のアップデートで追加された新機能なので、それ以降にLINEアプリをアップデートしていないと使えません。

LINEアプリを最新版にアップデートする

最近LINEアプリをアップデートした記憶がない場合には、上記リンクから最新版にアップデートしてから再度試みてください。

・iPhoneじゃないと使えない・・・。

ミニブラウザを使えるように設定できる「LINE Labs」は、現在iOS版LINEアプリでしか使うことができません。

iPhoneでは普通に使えますが、Androidスマホの人は対応を待ちましょう。

この記事のまとめ

LINEの新機能「ミニブラウザ」は、LINEアプリの設定から「LINE Labs」→「ミニブラウザを利用」のタブをオンにする事で使えるようになります。

ただし、

  • LINEアプリが最新版じゃない
  • iPhoneじゃない

この2つのどちらかに当てはまる場合は使えないので、前者の場合はアップデートを、後者の場合は、残念ながらあきらめましょう・・・。

ABのひとこと
iPhoneばっか優遇してズルいよねw

スポンサーリンク