LINEのトーク画面でバレンタインの背景を出せる隠し機能(単語)は、

  • 通常キーワード3つ
  • 隠しキーワード3つ

全部で6種類用意されているのですが、すべて知っているでしょうか?

この記事ですべてまとめているので、要チェックです!!

スポンサーリンク

こんな記事も書いてます

LINEでバレンタインの背景を出せる通常キーワード3つ

1.「バレンタイン」

まず1つ目は、どストレートに「バレンタイン」です。

「バレンタインどこ行く?」など、メッセージにバレンタインが含まれていればOK。

2.「Valentine」

続いて2つ目は「Valentine」。単純に英語ですね。

スペルを間違えてしまうともちろんNGですが、大文字/小文字は問いません。

3.「大好き」

3つ目は「大好き」です。

いきなり女の子から送られてきたらドキッとするキーワードですが、背景試しただけだよ~♪と言われるのがオチです。

LINEでバレンタインの背景を出せる隠しキーワード3つ

1.「チョコください」

隠しキーワード、1つ目は「チョコください」です。

こちらはチョコがひらがなだとNGなので、注意が必要です。

2.「チョコほしい」

続いて2つ目は「チョコほしい」です。

チョコがカタカナであるだけでなく、ほしいが漢字でもNGなので難易度高めの隠しキーワードですw

3.「ぼっち」

3つ目は「ぼっち」です。

「ひとりぼっち」など、ぼっちを含んでいればなんでもOK。

スポンサーリンク

通常キーワードと隠しキーワードが複合した場合はどうなる?

上記で紹介した6つのキーワードはメッセージに含まれてさえいればOKなので、「1つのメッセージ内で通常と隠しキーワードが複合する場合」もありえますよね。

その場合、メッセージ後半のキーワードが優先されてバレンタインの背景が出るようになっています。

たとえば・・・

  • 「ぼっちでバレンタイン寂しい」と送れば、バレンタインが優先されて通常の背景が出る。
  • 「バレンタインチョコほしい」と送れば、チョコほしいが優先されて隠し背景が出る。

こんな感じの仕組みです。

・バレンタインの背景エフェクトが出ない原因は?

この記事でお伝えしたキーワードを入力しても、LINEのトーク画面に背景エフェクトが出ない場合、考えられる原因は5つあります。

以下の記事で詳しくまとめているので、出ないとお困りの方はぜひ参考にしてください。

LINEでバレンタインの背景が出ない5つの原因

この記事のまとめ

LINEのトーク画面でバレンタインの背景を出せる隠し機能(単語)は、

  • 「バレンタイン」
  • 「Valentine」
  • 「大好き」

この3つの通常キーワードと・・・

  • 「チョコください」
  • 「ちょこほしい」
  • 「ぼっち」

この3つの隠しキーワードを合わせて、全部で6つあります。

通常キーワードではブラウンとコニーのラブラブ背景が。

隠しキーワードではムーンの寂しい背景がそれぞれ出るようになっているので、ぜひ試してみてください!!

なお、2019年のバレンタイン背景が出せる期間は2月4日から。

終了日は未定ですが、おそらくバレンタインの翌日、2月15日までだと思われます。

ABのひとこと
もし他にもキーワードあったら、こっそり教えてな。

スポンサーリンク