LINEアプリのプライバシー管理の設定から「トークルーム情報」がオンになっていると、トーク内容がバレる・LINE側に監視されている!!・・・といった噂がTwitter等で拡散しています。

この情報の真偽と、「トークルーム情報」の設定をオフにする方法についてまとめました。

スポンサーリンク

LINEのプライバシー管理の設定で「トークルーム情報」がオンだとトーク内容がバレる?

LINEアプリのプライバシー管理の設定から「トークルーム情報」がオンになっていると、トーク内容がLINE側にバレるといった噂が拡散していますが、これはLINE公式が否定しています。

LINEでは、不正利用の防止、またサービスのさらなる改善・開発等のため、特定の情報利用に関するご案内、およびプライバシーポリシーの変更を行います。

本件は、皆さまへのより良いサービスの提供を目的としております。友だち(ユーザー)同士でやり取りしたメッセージや画像・動画などの内容、通話内容などは含みませんのでご安心ください。

サービス向上のための情報利用に関するご案内 – LINE公式ブログ

情報の提供は不正利用の防止・サービスの改善に協力するだけのものであり、トーク内容を収集するものではないということですね。

とは言え、なんとなく気持ち悪いなと感じる場合には、以下の方法でオフにしておきましょう。

スポンサーリンク

・LINEの「トークルーム情報」をオフにする方法

LINEの設定から、「プライバシー管理」を選択。

「情報の提供」を選択。

「トークルーム情報」のタブをオフにすれば完了です。

・LINEの「トークルーム情報」をオンにするメリットは?

この記事を書いている2018年7月15日現在、LINEのプライバシー管理の設定で「トークルーム情報」をオンにすることによるメリットはほぼありません。

LINE側が言うように、不正利用の防止・サービスの改善に協力するだけのものなので、先述の方法でオフにしてしまっても問題ありません。

この記事のまとめ

現在、LINEアプリのプライバシー管理の設定から「トークルーム情報」がオンになっていると、トーク内容がLINE側にバレるといった噂が拡散しています。

しかし、これは不正利用の防止・サービスの改善に協力するだけのものであり、トーク内容を収集するものではないと公式が否定しています。

とは言え、現状この機能をオンにしておくことによる目に見えるメリットは特にないので、気持ち悪いようなら設定からオフにしてしまいましょう。

ABのひとこと
とりあえずオフにしたンゴw