iPhone純正カメラのビデオ撮影でのサイズ(解像度)やfps(フレームレート)を変更する設定方法について紹介します。

この設定を変更する前の初期設定ではビデオ撮影は1080p/30fpsになっています。

設定を変更することで4Kサイズのビデオ撮影や最大で4K/60fpsで撮影することも可能になるので設定の変更方法を覚えておきましょう!

より高画質で残したい時などにはぜひ活用してみてください。

最後の方には1080p HD/60fpsと4K/60fpsの解像度の違いも動画で紹介しています。

スポンサーリンク

こんな記事も書いてます

スポンサーリンク

iPhoneの純正カメラで設定可能なサイズ(解像度)とfps(フレームレート)

サイズは解像度のことを言います。

iPhoneにはHDサイズ・FullHDサイズ・4Kから選択することが可能になっています。

さらにfps(フレームレート)も選択可能で通常はHDサイズでは30fps、FullHDでは30fps60fps、4Kでは24fps30fps60fpsを選択することができます。

fpsとは1秒間に見せる静止画の枚数と言うことになり、動画の滑らかな動きを決める要素です。

パラパラ漫画を想像すると分かりますが、より細かく動きを取り入れたものの方が滑らかな自然な動きになると思います。

まさにそれこそがfpsで24fpsよりも30fps、30fpsよりも60fpsの方が滑らかなビデオになるのです。

もう少し専門的なことを言うと動画は静止画を連続で流しているようなものなのでこの静止画の数が多ければ多いほど動きが滑らかな動画に仕上がると言うことになります。

そこにFullHDや4Kといった画質が良いものを設定することで綺麗な動画を撮影することが可能になります。

設定可能な解像度とfps 1分間の容量
ビデオ撮影
  • 720p HD/30fps
  • 1080p HD/30fps
  • 1080p HD/60fps
  • 4K/24fps
  • 4K/30fps
  • 4K/60fps
  • 40MB
  • 60MB
  • 90MB
  • 135MB
  • 170MB
  • 400MB
スローモーション撮影
  • 1080p HD/120fps
  • 1080p HD/240fps
  • 170MB
  • 480MB
スポンサーリンク

iPhoneの動画撮影する際は容量に十分注意する

上の表の1分間の容量と言う部分にも書いていますが、720p HD/30fpsでは1分間の容量が40MBですが、最大の解像度・fpsの4K/60fpsで撮影した場合は400MBと言う容量になります。

10分間720p HD/30fpsで撮影した場合と1分間4K/60fpsで撮影した動画が同じ容量になると言うことになります。

このため、綺麗に動画にできるから何でもかんでも4K/60fpsで撮影しているとすぐにiPhoneの容量がなくなってしまう可能性が出てくると言うことになります。

この辺の容量に注意しながらビデオ撮影するようにしていきましょう!

iPhoneのカメラの動画の解像度やfps(フレームレート)を変更する設定方法

それでは解像度やfpsを変更する設定方法について紹介していきます。

  1. 設定アプリを開いてください
  2. カメラをタップします
  3. ビデオ撮影をタップします
  4. あとは自分が撮影したい解像度とfpsを選択すればOKです
スポンサーリンク

iPhoneの動画画質(解像度)を比較した動画

こちらに準備した動画は、ばんかさんと言う方がYouTubeへアップしていた動画になりますが45秒と言うちょうどいい長さと1080p HDと4Kの画質を比較していたのでぜひ参考にしてみてください。

おそらく解像度の違いはわかるはずです。

さすが4Kと言う感じですね!

iPhoneカメラのビデオ撮影時の解像度やfpsを変更する設定方法!まとめ

iPhoneの純正カメラの動画撮影の初期設定は1080p HD/60fpsになっています。

上の動画はその初期設定と4K/60fpsの比較動画になりましたが違いは分かりましたか?

画質がいいと後で見返した時もついつい見返したくなるものですが、容量には十分注意して動画撮影をするようにしてくださいね。

大事な思い出として残したいものなどは特に4Kで撮影するようにしましょう!


スポンサーリンク