SCSF10

Xperia

【購入レビュー】Xperia XZ純正ケース「SCSF10」は買うべき?

投稿日:2017年2月27日 更新日:

Xperia XZ専用のSony純正手帳型ケース、「SCSF10」を購入しました。

似たような手帳型ケースが数多くある中、あえて値段の高い純正ケースを買う必要は、果たしてあったのでしょうか?

実際に使ってみて感じたメリット・デメリットをレビューするので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

SCSF10の5つのメリット

1.純正&専用だから形が超ピッタリ!!

純正ケース「SCSF10」の大きなメリットはやはり、「純正だからこそできる形のピッタリさ」ですね。

SCSF10装着-上

特に、Xperia XZは側面がラウンドした形状になっており、専用としてしっかり形を作らないとピッタリ合うケースは作れないでしょう。

また、「スタイルカバー」と名付けるだけあって、とことん薄さを追求したデザインもやはりカッコいいですね。

※SCSF = スタイル・カバー・スタンド・フラップの略です。たぶん。

2.指紋認証が超快適!!

SCSF10装着-指紋

Xperia XZのウリの1つである、高精度な指紋認証を快適に使えるよう、電源ボタン周りに邪魔が一切なく、スムーズに指紋認証できるよう設計されている点も、さすが純正と言ったところですね。

【精度2倍!!】Xperia XZの指紋認証を快適にする設定方法

たとえば、カバーをとめるボタンが付いたよくある手帳型ケースなどは、Xperia XZ用としては論外ですからね。

3.Xperia XZの繊細な色合いにマッチ!!

Xperia XZは4色展開されていますが、どの色も微妙非常に繊細な色合いになっています。

Xperia XZのカラバリ

黒も真っ黒ではない(ミネラルブラック)ですし、青に至ってはフォレストブルーという深みのある独特な色合いになっていて、これらの色にピッタリ合うケースを選ぶとなると、やはり純正ケースを選ぶしかないでしょう。

4.スタンド機能が快適!!

SCSF10はスタンド機能も付いているのですが、見た目の薄さのわりにしっかりとした作りになっているので、安定感のある横置きスタンドとして使用することができます。

スタンド機能でYoutube

角度もそこそこ柔軟に変更できるので、YouTubeやXvideosなどの動画視聴がはかどりますね。

5.当然のように防水対応!!

SCSF10は、Xperia XZと同等のIPX5/8相当の防水性能を兼ね備えているので安心です。

Xperia XZをお風呂で使う際の注意点まとめ

ただし、ケースとの隙間に入った水滴の処理など、あとあと何かと面倒になりそうなので、ケースを装着したままお風呂での使用は、あまりおすすめできないですけどね・・・。

スポンサーリンク

SCSF10の2つのデメリット

1.カードポケットがない・・・

純正ケース「SCSF10」の最大のデメリットはやはり、「カードポケットが付いていない」ところです。

おサイフケータイを日常的に使っている僕としては、手帳型ケースにクレカを1枚入れておけば、財布を持ち歩かなくても大体なんとかなってしまうので、カードが入れられないのはとても痛いですね・・・。

2.値段が比較的高い・・・

SCSF10は、3280円+税と比較的高めな値段で販売されています。

「純正品」って基本的に割高感があるものですし、SCSF10は高級感のあるPUレザーを使っていることもあり、個人的にはそこまで高いとも思いませんけどね。

ただ、似たようなケースが安価で数多くあるだけに、一応値段もデメリットの1つと言えるでしょう。

この記事のまとめ

「SCSF10」はSony純正だけあって完成度が非常に高く、値段を考慮してもおすすめできるXperia XZ用ケースです。

しかし、手帳型ケースなのに「カードポケット」が付いていないので、その点だけ納得できる人におすすめです。

UKのひとこと
もう1つの純正ケース、「SCTF10」は検討しなかったの?
ABのひとこと
あっ、「SCTF10」ですか?あれはダサいしクソ高いんでアウトオブ眼中でしたね!!
UKのひとこと
ひでぇ言いようだなおいww
スポンサーリンク


-Xperia

Copyright© BumBullBee.com(バンブルビー) , 2017 All Rights Reserved.