Androidアプリの「Wi-Fi接続時の自動更新」をオフにする方法

Androidアプリ

Androidアプリの「Wi-Fi接続時の自動更新」をオフにする方法

投稿日:

Google Play StoreからダウンロードしたAndroidアプリは、初期設定だと「Wi-Fi接続時の自動更新」がオンになっています。

これ、地味にウザい時ありますよね?(更新中は動作が遅くなったりするので。)

そんな時に役立つ「Wi-Fi接続時の自動更新をオフにする方法」をお伝えします。

スポンサーリンク

Androidアプリの「Wi-Fi接続時の自動更新」をオフにする方法

Google Play StoreからダウンロードしたAndroidアプリは、設定を変更することで「Wi-Fi接続時の自動更新」をオフにすることができます。

「Play ストア」アプリを開き、左上のメニューボタンから「設定」を選択します。

「アプリの自動更新」を選択。

「自動更新は一切しない」を選択すれば、Wi-Fiに接続してもアプリが自動更新されなくなります。

スポンサーリンク

・自動更新をオフにするとどうなる?

Wi-Fi接続時の自動更新をオフにすると、当然ですがアプリのアップデートがあっても自動では更新されなくなります。

アプリを更新したい場合、手動で行わなければいけなくなる為、アップデートの通知はオンにしておきましょう。

「Play ストア」アプリの設定メニューから「通知」→「アップデート」にチェックが入っていればOKです。

基本的には初期設定でオンになっているはずですが、念のため確認しておきましょう。

多くのAndroidアプリは、細かな機能の追加やバグの修正のため、頻繁にアップデートされています。

自動更新をオフにする場合には、アプリを快適に使うために、ちょくちょく手動でアップデートするようにしてくださいね。

この記事のまとめ

Google Play Storeからダウンロードしたアプリは、Playストアアプリの設定メニューから「自動更新は一切しない」を選択しておくことで、Wi-Fi接続時の自動更新をオフにすることができます。

僕のように、Wi-Fiに接続した途端に始まってしまう自動更新が、ちょっとウザいな・・・と感じる人は、ぜひ設定を変更してみてください。

ABのひとこと
あーもう、更新とか後でいいから!ってなる人向けねw
スポンサーリンク


-Androidアプリ

Copyright© BumBullBee.com(バンブルビー) , 2017 All Rights Reserved.