格安SIM

【唯一完全通話定額制】格安SIMワイモバイルを徹底比較

投稿日:

今回はよく通話を利用するユーザーで格安SIMを利用したいという方へおすすめの格安SIMのY!mobile(ワイモバイル)を紹介します。

 

格安SIMは通話料金が高いというのがネックで避けていた方も今回の内容を見ればきっと格安SIMに替えたくなること間違い無し!!

スポンサーリンク

ワイモバイルはこんな人におすすめの格安SIM

  • 10分以内の通話が多い
  • docomo・auから乗り換える人
  • 端末にこだわりは特にない人

 

ワイモバイルは、最安プランでも通話300回かけ放題は、どの格安SIM会社にもない最大の魅力。
ワイモバイルオンラインストアはこちら

 

格安SIMワイモバイルだけのメリット

 

格安SIMのデメリットは通話料金が大手3キャリアと比べると高いという点になります。

 

ただ、格安SIM各社もできるだけ通話を安くできるように通話料半額アプリや3分、5分かけ放題プランなどを用意してユーザーを獲得しようとしています。

 

しかし、ワイモバイルであればアプリ不要で手間がかからず、10分のかけ放題プランがあるので通話料金を格安SIMへの乗換えを迷っていた人も手にしやすい格安SIMといえます。

 

ワイモバイルは、数少ないソフトバンク端末を利用できる格安SIMでもあります。

 

ワイモバイルのポイント①店舗が多いから手続き簡単・安心

ワイモバイルは、格安SIM他社と比べて実店舗が多くあるので大手3キャリアと同じ感覚で契約できる安心感があります。

 

MVNOの多く実店舗を設置していないので詳しくショップで説明を受けたくても受けることが難しかったりします。そのため、あまり詳しくない格安SIM初心者が利用するには非常に敷居が高くなりがちです。

 

その点、ワイモバイルは全国に3000以上の店舗があるので詳しく説明を聴きたい初心者の方にも安心して導入してもらいやすい。

 

ワイモバイルの実店舗は、全国に3000店あり、45都道府県にあります。

 

ワイモバイルのポイント②国内初のAndroid one対応で最安級iPhone 5s有

ワイモバイルは、手厚い月額割引が受けられる自社販売機種があり、セット端末を安く契約できるのも魅力です。

 

Xperia xzなど最新機種はありませんが国内初のAndroid ONEをラインナップされてていたりiPhone5sが機種代金込みで月額4298円で利用することができます。

 

ワイモバイルのポイント③3大キャリアよりも安く通話料の完全定額化もできる!!

 

格安SIM各社のかけ放題は、キャリアのライトプランに対抗する形で展開されていて、そのために、かけ放題時間は5分が通常になっています。

 

しかし、ワイモバイルは、その時間を倍の10分まで拡大されていて、しかも月額はキャリアの半額以下で利用可能です。

 

また、ワイモバイルはかけ放題料金とデータ使用料がコミコミな点も初心者の方でもシンプルでわかりやすいようになっています。

 

ワイモバイルのおすすめポイント

  1. 通話し放題は1回10分で月300回まで可能で、しかも、月1000円で完全定額に!!
  2. ソフトバンク、ディズニーモバイルからの移行は月額料金+1000円で可能!!
キャリア 基本プラン 基本料 ネット使用料 ネット使用料 データプラン データ料 月額合計(最安)
docomo カケホーダイ
ライトプラン
1700円 spモード 300円 データMパック(標準)(5GB) 5000円 7000円/月
au スーパーカケホ
(電話カケ放題プランS)
1700円 LTEネット 300円 データ定額1(1GB) 2900円 4900円/月
ソフトバンク スマ放題ライト 1700円 S!ベーシック 300円 データー定額ミニ
1GB
2900円 4900円/月
Y!mobile スマホプランS 1980円
(13ヶ月以降:2980円)
基本料に含(1GB) 基本料に含(1GB) 基本料に含(1GB) 基本料に含(1GB) 1980円/月

 

docomoは、ライトプランを契約するとMパック(5GB)からしかデータ量を選ぶことができないため他のキャリアよりも高くなってしまいます。ソフトバンクとauは1GBを選べますが月額は4900円が最安になります。

 

その3大キャリアと比べてもワイモバイルは半額以下で利用することが可能!!

+1000円すれば通話が完全定額になるので通話を良くする人には最高の格安SIM会社になります。
ワイモバイルオンラインストアはこちら

ワイモバイルは大手3キャリアよりも安く高速!!

 

ここまで3大キャリアと比較してみてどれだけワイモバイルがお得なのかということがわかって頂けたと思います。

 

ここでは、ワイモバイルの平均速度がどれだけ安定して速いのかを紹介します。

 

知っておきたい!!格安SIMの8つのおすすめの選び方でも紹介しましたが、格安SIMを選ぶなら最低速度が最低でも4Mbpsは必要ですと紹介しました。

 

48時間の平均速度1位の格安SIM「UQモバイル」を7.47Mbpsも上回る平均速度52.95Mbpsを記録し、全格安SIMの中で圧倒的1位を獲得しました。

 

動画を快適にストレスフリーで楽しみたいという方はワイモバイルをおすすめします。

 

回線がよく混雑すると言われている昼の12時でも快適に動画視聴が可能です。

 

是非一度ワイモバイルショップもしくは公式サイトで確認してみてください。

 

唯一通話完全定額制がある格安SIM【Y!mobile】まとめ

Y!mobileに向いている人はこんな人

  • 短時間通話が多い人で格安SIMを利用を考えている人
  • docomoやauから乗り換える人
  • 端末にこだわりがない人
  • 格安SIMを利用を考えていて動画を快適にみられるのか心配な人

 

唯一のデメリットは他の格安SIM会社にはない2年縛りがあることがデメリットかなと思います。

 

 

スポンサーリンク


-格安SIM

Copyright© BumBullBee.com(バンブルビー) , 2017 AllRights Reserved.