ビデオパスの見放題プランは月額562円(税抜)と安めの料金設定ですが、ほとんど使わないようであればもったいないので解約しておくべきです。

そこで今回は、ビデオパスを解約(退会)する方法と注意点をまとめました。

無料期間中の退会や解約時の日割り計算についてもあわせてお伝えしているので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ビデオパスを解約(退会)する方法

ビデオパスの解約(退会)は、auのサイトから簡単に手続きができます。

現在使っているauのスマホやタブレットなどで以下のサイトを開き、手順に沿って手続きを行ってください。

各種サービス入会・退会 | au Webポータル

ビデオパスの「退会」を選択。

下部にスクロールし、「退会手続きを進める」を選択します。

「退会する」を選択すれば、ビデオパスの解約手続きは完了です。

この手のVODサービスは解約の方法がややこしかったり面倒だったりするものですが、ビデオパスはauがauユーザー向けに提供しているサービスだけあって、かなり良心的な印象ですねw

・無料期間終了日と解約時の日割り計算について

ビデオパスの初回登録時には30日間の無料期間が適用され、期間中の解約であれば月額料金が一切かかりません。

ビデオパスに30日間無料で登録する方法

無料期間だけ利用したい場合には、登録日から数えて30日以内に解約の手続きを忘れずに行うようにしましょう。

ちなみに、無料期間が月の途中で終了した場合、その月の残りの日数に対して日割り計算が適用されるので、無料期間終了日が月末付近になっても損になることはありません。

このあたり、ビデオパスは親切ですね。

なお、無料期間終了月を除いた通常の解約手続きに関しては日割り計算が適用されませんが、いつ解約しても月末まではサービスを利用できるので、こちらも解約のタイミングを気にする必要はありません。

ビデオパスを解約する際の注意点まとめ

  • アプリからは解約の手続きができない
  • 無料期間が付くのは初回登録時のみ
  • 無料期間終了月のみ解約月に日割り計算が適用される
  • 解約しても月末まではサービスを利用できる

最後に、ビデオパスを解約(退会)する際の注意点をまとめておきます。

ビデオパスの解約手続きはauの各種サービス入会・退会ページから簡単に行うことができますが、アプリからは解約できません。

無料期間中の場合、登録日から30日を過ぎると自動的に月額料金が課金(日割り計算)されてしまうので、無料期間中だけ使いたい場合には、30日以内に解約の手続きを忘れないように注意してください。

ビデオパスはいつ解約してもタイミング的に”損する”ことがないので、解約のタイミングを気にする必要がありません。

登録しているけどほとんど使っていない・・・という場合には、もったいないのでサクッと解約しておきましょう。