解除できない!!

Twitter

iPhoneでTwitterの年齢制限を解除できない場合の2つの対処法

投稿日:2017年4月6日 更新日:

iPhone版Twitter公式アプリの年齢制限は、iPhoneの機能制限設定を変更できれば、簡単に解除することができます。

【まさかの17禁】Twitterアプリの年齢制限を解除する方法

しかし、機能制限パスコードがどうしてもわからなかった場合など、この設定を変更できないケースも存在します。

そこでこの記事では、iPhone版Twitter公式アプリの年齢制限をどうしても解除できなかった場合に有効な、2つの対処方をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

iPhone版Twitterアプリの年齢制限を解除できない場合の2つの対処法

1.ブラウザ(Safari)版のTwitterを使う

ブラウザ版Twitter

iPhone版Twitterの年齢制限は、アプリに対してかけられているものなので、そもそもアプリを使わなければ何の問題もありません。

よって、ブラウザ(Safari等)版のTwitterを使えば、問題なくツイートの投稿/閲覧をすることができます。

ブラウザ版Twitterはコチラ

ただし、ブラウザ版Twitterは、公式アプリで使える便利機能が、いくつか使えないので注意が必要です。

  • プッシュ通知機能
  • 複数アカウントの切り替え

大きなところでは、この2つでしょうか。

また、ツイートアクティビティなどのマニアックな機能も利用できなかったりしますが、多くの人にはそこまで必要な機能ではないので、これに関しては問題ないでしょう。

ツイートアクティビティが見たい!!アプリで出ない時の対処法

Twitterのヘビーユーザーからすると、ブラウザ版には不満を感じてしまうかもしれませんね。

その場合、後述する非公式アプリを使う方法で、対処することをおすすめします。

・ブラウザ版Twitterをホーム画面に追加しよう!!

iPhoneでブラウザ版Twitterを使う場合、いちいち「Safariを起動してブックマークから...」なんてするのはメンドクサすぎるので、ホーム画面からサクッと開けるようにしておきましょう。

ブラウザ版Twitterをホーム画面に追加1

まずは、ブラウザ版Twitterにログインし、下部の[共有メニュー]を選択。

[ホーム画面に追加]を選択すれば、ブラウザ版Twitterのアイコンを、ホーム画面に追加することができます。

ログインしたままの状態にしておけば、いつでもすぐにTwitterを開けて便利ですよ~。

スポンサーリンク

2.公式以外のTwitterアプリを使う

Tweetbot

ブラウザ版のTwitterに不満を感じる場合、非公式のTwitterアプリを使うという選択もアリでしょう。

しかし、無料で使える非公式のTwitterアプリの中に、おすすめできるようなものがないのが現状です。

Twitter社は、サードパーティ製アプリ(非公式アプリ)に対する「利用者数制限」や「機能制限」などの締め付けが、非常に厳しいというのは有名な話です。

そのせいもあって、有能なアプリ開発者達が、どんどん撤退してしまったようですね・・・。

ちなみに、有料になってしまいますが「Tweetbot(ツイートボット)」というアプリは、Twitterのヘビーユーザーからも評価が高いアプリなので、一応おすすめしておきます。

「Twitterに金なんて払えるか!!」

という人は、先述したブラウザ版のTwitterで我慢しましょう。

また、あまり評価は高くないのですが、ついっぷるなどの無料アプリを、一度試してみるのもアリかもしれません。

この記事のまとめ

iPhone版Twitter公式アプリの年齢制限が、どうしても解除できなかった場合、

  • ブラウザ(Safari)を使う
  • 公式以外のアプリを使う

上記2つの、いずれかの方法で対処しましょう。

ABのひとこと
Twitter社、締め付け厳しすぎぃ!!
スポンサーリンク


-Twitter

Copyright© BumBullBee.com(バンブルビー) , 2017 All Rights Reserved.