格安SIM

初心者が知っておきたい格安SIMでよくある5つの疑問その2

投稿日:

今回は前回に続き、格安SIMでよくある疑問に関することを紹介していきます。

スポンサーリンク

初心者の格安SIMのよくある疑問を解決

今回も格安SIMに関するよくある疑問を紹介していきます。

この記事紹介するのは次の5つです。

  • 電話やメールは問題なく使えるのか!?
  • 今までのスマホのデータは引き継げるのか!?
  • 元の携帯電話会社(キャリア)に戻りたい時は!?
  • 格安SIMは実際どんな人向けなのか!?
  • 格安SIMを使う時はいくらかかるの!?

この5つを紹介していきます。

特にいくらかかるのかは非常に気になるところではあると思うので、是非参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

それでは、早速紹介していきましょう。

【初心者必見】そもそも格安SIMとは何なのか!?5つの疑問を解決

 

電話やメールは問題なく使えるのか!?

格安SIMを挿入したスマホは、これまでのケータイと同じように電話やメールが使えます。

 

「MNP(モバイルナンバーポータビリティ)」の制度を利用すれば今使っている電話番号をそのまま引き継ぐことが可能です。docomoやau、ソフトバンクと通話の品質や電波のつながりやすさそのものは変わりません。

 

ただし、平日の昼間や夕方などの利用者が多い時間帯には格安SIM会社によってはデータ通信速度が遅くなることもあります。

 

ちなみ、メールは@docomo.ne.jpや@ezweb.ne.jpや@SoftBank.ne.jpなどのキャリアメールと呼ばれるアドレスは使えなくなるのでGmailなどのフリーメールを使うようにしましょう。

 

今までのスマホのデータは引き継ぐことができるの!?

 

これまで使っていたスマホ内に保存された連絡先や写真などのデータは新しいスマホに引き継ぐことができます。

 

引き継ぎ方法は、スマホによって異なりiPhoneとAndroidスマホなのかで変わってきますのでその端末のデータ引き継ぎ方法を把握しておきましょう(アプリを使うと簡単に移行することが可能です)。ガラケーの場合は、マイクロSDカードで移行できます。

 

データの引き継ぎ方法についてはいずれ解説していきます。

 

元の携帯電話会社(キャリア)に戻りたい時は?

docomoやauやSoftBankから格安SIMに乗り換えた後にキャリアに戻ることも可能です。

 

MNP制度を利用すれば電話番号ももちろん戻すことが可能です。

 

ただし、以前使っていたキャリアに戻る場合も同じキャリアメールアドレスを使うことはできないので注意して下さい。

 

また、格安SIM会社ごとで最低利用期間というものがある場合もありますのでその期間内に解約する場合は解約手数料が必要になる場合があります。

 

格安SIMはどんな人に向いてるのか?

格安SIMは、データ通信量が安い事が最大の魅力です。

 

それに対してdocomoやau、SoftBankは定額制の話し放題プランを用意していますが、通話利用が少ない場合は、格安SIMの利用をおすすめします。

 

また、携帯電話会社が提供するメールを使わず「LINE」などのメッセージアプリを使っている人にも格安SIMはぴったりです。LINEを使っていない家族との連絡に電話使うのであればyahooモバイルなどがおすすめです。

格安SIMは、こんな人におすすめ

子供にスマホ持たせたい人

子供に初めてスマホをもたせたいなら、格安な通信料金で利用できる格安SIMはおすすめです。また、LINEモバイルなどの一部の格安SIMは、子供のデータ使用量を親が確認できたり、子供が勝手にデータ容量を追加購入するのを防げたりするので安心して使うことができます。

キャリアメールをあまり使わない人

大手携帯電話会社のガラケーやスマホは@SoftBank.ne.jpや@docomo.ne.jpなどのキャリアメールが利用できます。しかし、普段からメールで連絡を取らない人や、LINEで十分にという人なら格安SIMに乗り換えても不便を感じないはずです。格安SIMの端末ではもちろんGmailなどのフリーメールも利用可能です。

あまり通話をしない人

スマホユーザーの中には、LINEの音声通話を普段から利用している人もいるでしょう。毎月の携帯電話会社の話し放題プランの利用料がもったいないと感じているなら格安SIMに乗り換えたほうがお得かもしれません。格安SIMによっては、話し放題プランを提供しているところもあります。(話し放題がある会社はyahooモバイルなどがあります)
スポンサーリンク

格安SIMは実際最初にいくらかかるの?

格安SIMへの乗り換えに際し初期費用が発生します。

 

LINEモバイルの場合は、「LINEモバイル登録事務手数料」の3000円と「SIMカード発行手数料」の400円が必要になります。

 

au、ソフトバンクのSIMロック解除は電話や店頭の場合3000円とられますがWebで申し込めば無料になります。

 

また、MNPする場合は、docomoは2000円、auやソフトバンクは3000円の手数料が発生します。このように解説すると、初期費用は結構掛かるなと思ってしまいますが、契約後の通信料金は大幅に節約することができます。

 

ただし、キャリアで契約していたスマホの端末代が残っている場合がその料金も必要になる場合があります。

auからLINEモバイルへ乗り換えた場合(ソフトバンクも同じ)

SIMロック解除(WEB)0円+MNP(電話で申し込み)3,000円+LINEモバイル登録事務手数料3000円+SIM発行手数料=6400円

docomoは、MNP(オンライン申し込み)が2000円なので1000円安い5400円になります。

 

【初心者必見】そもそも格安SIMとは何なのか!?5つの疑問を解決

 

スポンサーリンク


-格安SIM

Copyright© BumBullBee.com(バンブルビー) , 2017 All Rights Reserved.