手持ちのモバイルバッテリーで、アイコスが充電できない!!・・・なんて悩んでいませんか?

アイコス(IQOS)の充電規格はちょっとクセモノで、モバイルバッテリーによってはうまく充電できないケースが多々あります。

そこで今回は、アイコスがモバイルバッテリーで充電できない原因とその対処法をお伝えしていきます。

アイコスがモバイルバッテリーで充電できない2つの原因

アイコスがモバイルバッテリーで充電できない2つの原因

アイコスがモバイルバッテリーで充電できない原因は、基本的に以下の2つです。

  • 電流不足
  • 相性の問題

・・・ギャグみたいな話ですが「相性の問題」というのもあるんです。(後述)

ただし、原因の大半は「電流不足」によるものだと考えておけばOKです。

・アイコスの充電に必要な電圧/電流は?

アイコスの充電に必要な電圧/電流は「5V/2A」となっています。

この「2A」というのはなかなかの電流で、たとえばスマホ用のモバイルバッテリーだと出力が「5V/1A」のものも多いので、アイコスが充電できないケースが多々あります。

ちなみに、iPhoneの充電器は「5V/1A」

iPhone対応を謳ったモバイルバッテリーなんかだと、電流不足で充電できない!!

・・・といった事がよくあるので注意です。

・「電流不足」でも充電できるモバイルバッテリーもある!!

先述の通り、アイコスの充電には「5V/2A」の電圧/電流が必要です。

しかし、たとえば「5V/1A」の出力しかない電流不足なモバイルバッテリーでも充電ができるものが数多く存在します。

「相性の問題」というのはコレですね。

PowerCore+ miniでiQOSを充電

ちなみに、僕が愛用しているモバイルバッテリーの1つ「Anker PowerCore+ mini」も出力が「5V/1A」しかありませんが、アイコスを問題なく充電することができます。

軽量&小型のモバイルバッテリー「Anker PowerCore+ mini」をレビュー!!

電力不足なので充電速度はあまり速くありませんが、見た目がお洒落なので、これはこれで悪くないかなと思っていますw

・アイコスをモバイルバッテリーで充電する場合の注意点

ここまでお伝えしてきた通り、出力が「5V/2A」のモバイルバッテリーや、一部の相性の良いモバイルバッテリーであれば、アイコスを充電することが可能です。

しかし、純正以外の充電器を使用して故障や不具合が発生した場合には、保証対象外となる可能性がある為、その点にだけは注意が必要です。

保証の対象とならない場合
d)互換性のない商品との併用による不具合

引用元 → IQOSの保証書

アイコスの保証書で言うとこのあたりですね。

基本的には問題ないはずですが、一応頭に入れておきましょう。

この記事のまとめ

ヘビースモーカーまでいかなくても、一日仕事をしてから飲みに行くと、アイコスの充電って切れちゃいますよね。

アイコスを2台持ちするというのも1つの手ですが、あまり現実的ではありません。

よって、この記事でお伝えした通り出力が「5V/2A」のモバイルバッテリーを持ち歩くことをおすすめします。

ちなみに僕は最近、アイコスとgloとプルームテックとモバイルバッテリーを持ち歩いています。病気です。

ABのひとこと
アイコスの充電が切れて、普通のタバコを買うっていう虚しさから解放されようぜ!!