iPhone / iPad

iPhoneの便利機能今注目の事故や急病時に役立つメディカルIDの作成&確認方法

投稿日:2017年7月15日 更新日:

最近少しずつ認知度があがってきたiPhoneの「メディカルID」ですが、まだまだ知らないという人が半数を超えています。

そこで、今回はメディカルIDとはなんなのか、また、そのメディカルIDの設定しておくべき内容と方法をここでは紹介していきます。

スポンサーリンク

iPhoneの「メディカルID」とは?

iPhoneメディカルIDとは、緊急連絡先や持病、服用している薬の情報などを周囲の人に伝える非常に便利な機能になります。

メディカルIDに登録している情報は、iPhoneのロックを解除しなくても表示できるようになっているので、周囲の人が本人に代わって家族などに連絡したり、医師や救命士が必要な情報を確認することができるようになります。

しかし、まだまだこの機能の認知度は低いのでできれば少しでも多くの方に知ってもらえたらと思っています。

スポンサーリンク

iPhoneのメディカルIDを作成する方法

メディカルIDを利用するためには、事前に緊急連絡先や持病などの情報を登録しておく必要があります。

緊急時に役立つようにより詳細に情報を登録していきましょう。

ヘルスケアアプリアイコンはコレです

もし、iPhone内に見当たらないと思ったらiPhoneのホーム画面の状態で上から下へスワイプして「検索入力」のところに「ヘルスケア」と入力してみましょう。

  1. ヘルスケアアプリを起動します
  2. 初めての起動する人は「次へ」をタップします

  3. 生年月日・性別・身長・体重を入力後「続ける」をタップ

  4. メディカルIDを作成をタップします

  5. 病気やケガ・医療メモ・アレルギーと反応・血液型・臓器提供の意思・緊急連絡先を入力もしくは追加して「次へ」をタップします

  6. 入力・追加した情報を確認して「完了」をタップすればIDの作成完了です

ロック中に表示という部分は重要な項目なのでオン(緑)になっていることをしっかりと確認しておきましょう。

この部分は、あなたがケガや急病で意識がない場合でもiPhoneをロック解除しなくても見ることができるようにするため重要です。

iPhoneのメディカルIDの確認方法

メディカルIDを作成することも非常に大切ですが、メディカルIDを確認する方法も知っておいてもらいたいと思います。

iPhoneを使っているケガ人や急病者がいる場面に出くわした場合、メディカルIDをチェックする方法を知っていると知らないではその人が助かる助からないに大きく関わるかもしれません。

他人事と思わずに、少しでも多く方にメディカルIDの確認方法を知ってもらいたいと思います。

  1. iPhoneのホームボタンをタップします(わざと指紋認証を失敗しパスコード画面にする)

  2. 「緊急」をタップします
  3. 「メディカルID」をタップします

  4. これでメディカルIDに登録してある情報を確認することができます 
  5. また、メディカルIDに登録してある緊急連絡先にはここをたっぷすると連絡することができます

【iPhoneの便利機能】事故や急病時に役立つメディカルIDの作成&設定方法まとめ

今回紹介した内容は少しでも多くの方に知ってもらいたいと思います。

iPhoneを使われている人で知らなかった人は、まずメディカルIDを作成し確認方法も知っておきましょう。

また、iPhoneを利用している家族はもちろん・友人・知人に教えてあげてくださいね

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク


-iPhone / iPad

Copyright© BumBullBee.com(バンブルビー) , 2017 All Rights Reserved.