iPhone 7

iPhone6からiPhone7REDへ機種変したからiCloudバックアップ方法を紹介

投稿日:

今回は、iPhone6PlusからiPhone7(PRODUCT)REDへ機種変更したので、初心を忘れないためにも機種変更する前に大切なバックアップ方法を紹介します。今回使ったバックアップ方法はiCloudを使用したバックアップ方法になりなります。

 

ちなみに僕が使っているのはソフトバンクのiPhoneになります。また、わかりやすく解説するためにも復元方法については、次回の記事で紹介していきます。

スポンサーリンク

iPhoneの機種変更を考えたら必ずバックアップをとること

 

大切な写真や動画など今までにカメラで沢山撮影してきたと思います。

 

そんな大切なデータを大切に保存しておくためにもバックアップは非常に大切になってきます。今回紹介する方法は、パソコンを持っていないiPhoneユーザーの方でも試すことができる方法になるので是非参考にしてもらえたらと思います。

 

今回紹介する方法は、iCloudバックアップ取っておく方法になります。iCloudバックアップを取っておけばいつでもどこでもすぐに保存していた前のデータをすぐに復元することが可能になりますので非常に便利になります。

 

パソコンを持っていないからiPhoneのバックアップができないと思っていた方も安心してバックアップをとっておくことができます。

スポンサーリンク

 iPhoneのiCloudでバックアップを取る方法

 

iPhoneのiCloudを使ってバックアップをとる方法を紹介していきます。

 

iCloudを有効にしておくとiPhone内にあるデータをiCloudにバックアップできるようになります。バックアップをとるには、Wi-Fiと電源(充電器)に接続していることが必須ですが、Wi-Fiと電源(充電器)に接続さえしていれば自動でバックアップされるようになります。

 

また、バックアップをすぐに作成したい場合は手動ですぐに作成することも可能です。

 

  1. 設定へ
  2. iCloudへ
  3. バックアップへ
  4. iCloudバックアップ」をオンにする(オンは緑色)
  5. iCloudバックアップを開始」でOKをタップ
  6. あとは上でいったWi-Fiと充電器に接続されればバックアップが開始されます

 

また、iCloud内の項目の

  • 写真
  • メール
  • 連絡先
  • カレンダー
  • リマインダー
  • Safari
  • ホーム
  • メモ
  • Wallet
  • キーチェーン

などは、オンにしておけばそのデータも含めバックアップをとることができます。バックアップをとっておきたい項目はしっかりとオンにしておきましょう。

 

注意点としては、iCloudでバックアップする際、無料でバックアップを取れるGB数が5GBなのでそれ以上のデータのバックアップを取る場合は有料となり50GBで130円かかり、200GBで400円1TBで1300円2TBで2500円かかるようになります。(全て税込み価格

 

ですので、パソコンを持っている方であればパソコンでバックアップを取る方法をおすすめします。

 

手動で今すぐにバックアップを作成したい場合は、iCloud内の項目のバックアップをタップし「今すぐバックアップを作成」をタップしましょう。

 

iPhone内のデータをiCloudでバックアップを取る方法まとめ

 

iCloudでは5GB以上のバックアップデータを取る場合、有料になってしまいます。

5GB以上のバックアップデータを取る場合の金額

  • 50GBまで130円(税込み)
  • 200GBまで400円(税込み)
  • 1TBまで1300円(税込み)
  • 2TBまで2500円(税込み)

この金額は毎月かかってしまうのでiCloudで5GB以上のバックアップデータを取る場合は注意してください。

 

ですので、パソコンをお持ちであればパソコンでバックアップを取る方法をおすすめします。

 

UKのひとこと
俺は、iCloudで毎月130円かかってるけどiCloudになれたら正直一番使いやすいし復元も簡単なような気がする!

 

スポンサーリンク


-iPhone 7

Copyright© BumBullBee.com(バンブルビー) , 2017 All Rights Reserved.