「iBuddy i1」レビュー!超コンパクトなアイコス互換機の性能は!?

IQOS(アイコス)

「iBuddy i1」レビュー!話題のアイコス互換機の性能は?

投稿日:

「チェーンスモークできて超小型のアイコス互換機があるらしい・・・。」

一部のマニアの間で話題になり、徐々に人気に火がついてきているアイコス互換機「iBuddy i1(アイバディ アイワン)」をご存知でしょうか?

この記事では、超コンパクトなアイコス互換機「iBuddy i1」をレビューしていきます。

アイコスユーザーが日々感じている不満をまるっと解決した"最強のアイコス互換機"として話題のiBuddy i1の性能はいかに・・・!?

べプログショップより商品を提供して頂き、記事を作成しました。

超コンパクトなアイコス互換機「iBuddy i1」とは?

超コンパクトなアイコス互換機「iBuddy i1」とは?

今回紹介する「iBuddy i1(アイバディ アイワン)」を一言で表すなら、

「一体型(グロー型)のアイコス互換機」です。

アイコス互換機とは?
アイコスのヒートスティックを使うことができる(互換性のある)電子タバコのこと。

プルームテックのタバコカプセルを使える互換機は数多く出回っていますが、アイコスの互換機に関しては数も少なく、正直あまり良いものがありません。
・・・そんな現状を打ち破ったのが、今回紹介する「iBuddy i1」になります。

iBuddy i1は一体型なのでアイコスのようにホルダー(棒)だけなくしてしまう事もなく、グローのように連続してヒートスティックを吸うことができます。

アイコスやグローといった加熱式電子タバコの人気が高まる中、マニアを中心に話題となり、ジワジワと人気になりつつある最新のアイコス互換機です。

・・・とは言え、長らく続いていた品薄状態がようやく解消されつつあり、現在、本家アイコスの入手も比較的容易な状況です。

そんな中、ただアイコスのヒートスティックを使えるだけの互換機なら、正直必要ないですよね。

アイコスの欠点をまるっと全て解消したiBuddy i1

「iBuddy i1」が人気の理由は、アイコスの欠点をまるっと全て解消してしまっている点にあります。

iBuddy i1の特徴

  • アイコスのヒートスティックを使える
  • ヒートスティックを連続して吸うことができる
  • 本家アイコスよりも加熱ムラが少ない
  • 一体型(グロー型)だから準備/清掃がラクちん
  • アイコスよりもコンパクトなサイズ感
  • グローよりもさらに軽い重量

iBuddy i1の特徴をザックリまとめるとこんな感じ。

アイコスでは不可能な連続吸い(チェーンスモーク)への対応、そして特有の加熱ムラを解消し、一体型にすることでコンパクトなサイズ感を実現した、まさに「最強のアイコス互換機」です。

正直、これは人気になるのも納得です。

アイコス互換機「iBuddy i1」は、これからアイコスの購入を考えている人はもちろん、2台目のアイコスが欲しいと考えている人にもぜひ使ってみて欲しいですね。

この記事では、iBuddy i1の使い方や使用感をレビューしていきます。

使い方はいいから早く詳細を!!という方は、以下より販売ページに飛べます。

タバコスティック専用 i1 スターターキット【iBuddy(アイバディ)】

「iBuddy i1」スターターセットの内容物一覧

「iBuddy i1」スターターセットの内容物一覧

スターターセットの内容物

  • iBuddy i1本体
  • 掃除用クリーニングブラシ
  • 掃除用クリーニングコットン
  • マイクロUSBケーブル
  • 多言語ユーザーマニュアル

iBuddy i1のスターターセットの内容物は上記の通り。

本体の色に関しては「ブラック・レッド・ホワイト」の3色の中から、好きなものを選ぶことができます。

本体・充電用ケーブル・掃除用セット・マニュアルと、このあたりのセット内容はアイコスやグローと似たような感じですね。

ただし、iBuddy i1のスターターセットには充電用のACアダプターが付属していないので注意が必要です。

iBuddy i1をPCのUSBポートで充電

iBuddy i1の充電入力は「5V/1A」となっているので、ちょうど同じ規格のiPhone付属のACアダプターを流用するか、PCのUSBポートなどを使用すればOKです。

※アイコス・グローに付属するACアダプターは「5V/2A」の高出力なので、iBuddy i1の充電には使用しないでください。故障の原因になります。

「iBuddy i1」の使い方は?実際にヒートスティックを吸ってみた!!

「iBuddy i1」の使い方は?実際にヒートスティックを吸ってみた!!

iBuddy i1の使い方は、「VAPE(ベイプ)+グロー」といった感じです。

iBuddy i1の使い方

  1. 本体にヒートスティックを挿しこむ
  2. 電源ボタンを2秒以内に5回押して電源をONにする
  3. 電源ボタンを3秒長押しして加熱する
  4. 5分20秒 or 16吸いするまで吸える
  5. 側面のボタンをスライドさせヒートスティックを取り出す
  6. 電源ボタンを2秒以内に5回押して電源をOFFにする

本家アイコスに比べると手順が若干複雑に感じるものの、一回使ったら次からは無意識で使えるレベルなので、さほど難しい事はありません。

早速吸ってみたので、以下より画像を交えて使用感を詳しくレビューしていきます。

iBuddy i1の使い方1

まず、iBuddy i1の本体にアイコスのヒートスティックを挿し込みます。

アイコスの場合、ヒートスティックの葉っぱの向きを気にしないとうまく刺さらない場合が多々ありますが、iBuddy i1のブレードは針のような形状なので、向きなど気にせずともうまく刺さってくれます。

iBuddy i1の使い方2

続いて、側面の電源ボタンを素早く5回押して電源をONにします。(2秒以内に5回。)

本体のLEDが緑に点灯している状態になればOKです。

iBuddy i1の使い方3

再度電源ボタンを3秒長押しすると、LEDが赤点滅に切り替わり、加熱が開始されます。

iBuddy i1の使い方4

20秒ほど待ち、LEDが赤点滅 → 赤点灯の状態になれば、ヒートスティックを吸う準備は完了です。

では早速、iBuddy i1でアイコスのヒートスティックを吸ってみます・・・!!

iBuddy i1の使い方5-1

iBuddy i1の使い方5-2

・・・吸ってみた感想としては、本家アイコスよりややマイルドな感じですね。煙の量もやや少ないかな?

味に関しては、もうほんとそのまんまアイコスですw

iBuddy i1では、加熱完了から「5分20秒 or 約16吸い」までヒートスティックを吸うことができます。

途中で喫煙を終了したい場合には、電源ボタンを長押しすれば加熱を終了することができます。

iBuddy i1の使い方6

吸い終わった後は、側面のボタンをスライドさせれば、ヒートスティックがニョキっと飛び出てきます。

ちなみに、ボタンをスライドさせずに無理やり引き抜くと、タバコ葉が本体に残ってしまうので注意が必要です。

アイコスの場合、吸い終わった後はホルダーをチャージャーに戻して、4~5分待たないと2本目を吸うことができませんが、iBuddy i1は違います。

1本目を吸い終わってまだ吸い足りない場合には、再び同じ手順で2本目のヒートスティックを加熱し、連続して2本目を吸うことができます。

※連続して3本以上吸うこともできますが、故障の原因となるため3本以上の連続吸いは非推奨です。

ちょっとした休憩時間に2本連続で吸って「吸い溜め」してもいいし、純粋に毎回2本吸ってもOKです。

吸い終わって満足したら、再び電源ボタンを素早く5回押して電源をOFFにしておきましょう。

さて、吸い終わった後のヒートスティックをアイコスと比較してみましょう。

iBuddy i1の吸い殻とアイコスの吸い殻比較

左が「iBuddy i1」、右が「アイコス」で吸ったヒートスティックの吸い殻です。

iBuddy i1で吸ったヒートスティックは、明らかにまんべんなく加熱されていることがわかります。

ヒートスティックを加熱するブレードの形状が、アイコスは平べったいのに対し、iBuddy i1は丸型なので、このようにまんべんなくタバコ葉が加熱される訳です。

アイコスでありがちな加熱ムラによる味の薄さ・スカスカ感がない理由は、まさにこのブレードのおかげですね。

・・・実際に、iBuddy i1を使ってヒートスティックを吸ってみましたが、手順はほぼグローと同じ + 電源のON/OFFが必要といった感じ。

いちいち電源のON/OFFが必要なところが面倒に感じるかもしれませんが、この仕様は、安全面を考えるとむしろ良い仕様だったりします。

たとえばグローの場合、ボタンを長押しするだけで加熱が開始されてしまうので、カバンやポケットの中でうっかり空焚きされてしまう事があります。

僕も以前、カバンに入れていたグローのボタンが勝手に押されていて、やたらと熱くなっていた・・・なんて事が、実際にありましたからね。

対して、iBuddy i1はボタンの素早い5連打による電源のON/OFFが必要なので、ポケットやカバンの中で空焚きされてしまう事がまずありえません。

やや面倒ではあるものの、それと引き換えにiBuddy i1は、グローよりも安心して持ち歩くことができます♪

タバコスティック専用 i1 スターターキット【iBuddy(アイバディ)】

「iBuddy i1」を吸い終わった後の注意点 ←重要!!

iBuddy i1にはフタがない

実際に吸ってみて改めて気づいたのですが、iBuddy i1のヒートスティック挿し込み口には「ふた」がありません。(グローはある。)

ヒートスティックを吸い終わった後は、どうしても本体内に若干カスが残ってしまうので・・・、

iBuddy i1の使い方7

ヒートスティックを取り出したあと、本体を逆さにして振り、カスを灰皿に放出しておくようにしましょう。

ちなみにアイコスでも、これ結構やってる人いますよね。(僕もやってます。)

iBuddy i1の場合は一体型+ふたがないので、このひと手間はアイコスよりもはるかに重要です。

そのまましまってしまうと、葉っぱのカスでカバンやポケットが汚れてしまうので注意しましょう。

「iBuddy i1」とアイコスの性能を比較してみた!!

「iBuddy i1」とアイコスの性能を比較してみた

ではここで、iBuddy i1とアイコスの性能(スペック)を比較してみましょう。

iBuddy i1 アイコス
喫煙可能時間 5分20秒 / 約16回 6分 / 約14回
フル充電で吸える本数 約15本~20本 約20本~30本
チェーンスモーク 可能 不可能
サイズ 79.5 mm × 46mm × 25.5mm 111mm × 50mm × 15mm
重量 約70.5g 約120g(ホルダー込み)
バッテリー容量 1800mAh 2900mAh(?)
フル充電時間 120分~180分 約90分
形状 一体型 チャージャー+ホルダー

※新型アイコス(2.4 Plus)はバッテリー容量が少ない説アリ。

両者で大きく異なるのは、「吸える本数・連続吸いの可否・サイズ感と形状・充電時間」ですね。

こうしてアイコスと比較してみると、iBuddy i1の性能面でのメリット・デメリットがよく見えてきます。

メリット

  • チェーンスモーク可能(連続で吸える)
  • サイズがかなりコンパクト
  • 重量がとにかく軽い

デメリット

  • フル充電で吸える本数が少ない
  • 充電時間が長い

唯一、フル充電で吸える本数が少ない点は大きなデメリットですが、それでも、フル充電で1箱弱程度は吸うことができます。

そもそも、毎日必ず1箱以上吸うようなタイプの人は、アイコスでも2台持ちやモバイルバッテリーの携帯などが必須になってきますからね・・・。

逆に、チェーンスモーク可能&超コンパクトなサイズ感は、iBuddy i1の大きなメリットです。

グローとiBuddy i1のサイズ感を比較

サイズ感の参考として、グローと並べてみるとこんな感じ。

グローと似たようなサイズ感・・・と言うより、アイコスのヒートスティックとほぼ同じレベルのコンパクトさです。

iBuddy i1とヒートスティック(横)

厚さに関しては、さすがにiBuddy i1の方が1.5倍ほど分厚いですが、ヒートスティックと同時に持ち歩いても、カバンのスペースをほとんど邪魔しないレベルです。

ちなみに、グローのサイズは「85mm × 44mm × 22mm」、重量は「約100g」です。

iBuddy i1はグローと同等のサイズ感で、重量に関してはグローと比較してもかなり軽い設計となっています。

「iBuddy i1」はどこで買うべき?

「iBuddy i1」はどこで買うべき?

現在、iBuddy i1はAmazonや楽天など、様々な通販ショップで購入することができます。

価格に関しては多少のバラつきがあるものの、おおむね8,000円~9,000円といった所。

ネット通販で商品を購入する際は「価格」で比較する場合が多いと思いますが、iBuddy i1を購入する際には「保証の有無と期間」を必ず確認するようにしましょう。

実は、多くの通販ショップでは初期不良のみ対応or長くても1ヶ月程度の保証期間しかありません。

そんな中、電子タバコ専門の通販サイト「ベプログショップ」でiBuddy i1を購入すると、90日間の保証が付いてきます。

ちなみに、ベプログショップでの価格は税込み8,980円となっています。(送料無料!!)

アイコスやグローなどをお使いの方は、加熱式タバコの故障の多さを、嫌というほど知っているはずです。

もちろん、壊れないに越したことはありませんが、iBuddy i1を購入する際は万が一に備えて、保証も充実しているベプログショップを選んでおくと安心ですよ!!

ベプログショップで「iBuddy i1 スターターセット」を見てみる

この記事のまとめ

アイコスのヒートスティックを使える互換機「iBuddy i1」は、アイコスの欠点を解消したナイスなアイテムでした。

特に、アイコスユーザー待望のチェーンスモークに対応した上に、グローのような一体型にする事で小型化&軽量化に成功している点は素晴らしいの一言です。

「互換品」だからって、なかなか侮れないものですね・・・。

iBuddy i1を始めて手にしたら、その軽さとコンパクトさにまず驚き、使ってみると便利さを実感すること間違いなしです。

これからアイコスの購入を考えていた人、2台目のアイコスを欲しいと考えている人は、ぜひ「iBudyy i1」を使ってみてください!!


-IQOS(アイコス)

Copyright© BumBullBee.com(バンブルビー) , 2017 All Rights Reserved.